LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“ル・マンの街歩き  その2 +サプライズ。”
ル・マンの街は皆さんが想像するより小さい街です。ル・マンの街には放射線に伸びる道を中心に何本ものエトワール(ロータリー)が有ります。ル・マンのセンター広場からモニュメントに至る通りのほぼ中央にレストランを併設しているル・マン大一の「Reignier」(創業1885年)と言う店が有ります。
店頭から入ってすぐ右側はチョコレート売り場になっていて、F婦人は良く僕の家にクリスマス・プレゼントとして送ってくれます。左側には大きな冷凍のウインドーが有り、生ハム、チーズ、各種ジャム、サラダ売場になっていて、この店の奥に大きなスペースのワイン貯蔵庫が有り、多数のワインが眠っています。僕は毎年この店に顔を出します。なぜならばその店の前に「J.イクス」の手形、足形をブロンズのプレートに刻印のモニュメント(60x60cm)が有ります。この事は何度もこのブログに書きましたので、ご記憶の方も多いと思います。そのJ.イクスのプレートの右肩に僕の小さなモニュメントがはめ込まれています。(10x10cm)
店員のステファニーさん、ジョセフィンさんにお土産を持って行っては、この店で良い思いをさせて貰っています(ここでは書けません、興味のある方はフジヤにご来店の時にお聞きください)。今年はこの店でとんでもないサプライズを経験しました。  続く。

lmcty2.jpg
(店頭の飾り)
lmcty1.jpg
スポンサーサイト
“KID BOX特選 PORSCHE  Carrera &AC Cobraのお知らせ その2。”
SKB43023 1/43 Porsche Carrera 6 (906-120)1966 ¥8,600
White ≪限定品≫
SKB43024 1/43 Porsche Carrera 6 (906-120)#6 ¥8,600
JAPAN GP 1966 S.Taki ≪限定品≫

ポルシェ カレラ6(906-120)1966は第3回日本グランプリに参加すべく輸入されたデコレーション前のプーレンな状態と滝選手用のデコレーションされた6号車を再現しました。レースでは一時はトップに立っていましたが不運にも敗れ去りました。翌年の日本グランプリでは、このカレラ6で3台体制を組み、生沢選手が総合優勝を飾りました。当時のデコレーションをお楽しみください。

kid3023.jpg

kid3024.jpg


SKB43013 1/43 AC COBRA 427 1966 Green ¥8,300
≪限定品≫
SKB43025 1/43 TUDOR Porsche Carrera 6 (906-120) ¥8,600
#1 Winner SUZUKA 1000km 1969
T.Tsutsumi / J.Yoneyama ≪限定品≫


AC コブラ 427は1965年のロンドンモーターショーでデビューしました。英国のACエースがベースとは思えぬほどグラマラスなボディーにフォード7リッター(427キュービックインチ)エンジンを載せたこの車に、キャロル・シェルビーは「COBRA」の名称を与えました。
チュードル カレラ6はロレックス・チュードル・レーシングチームが走らせた深紅のポルシェ906です。
ポルシェの得意とする長距離を制し1969年の鈴鹿1000kmレースで総合優勝を飾りました。
い。

kid3013.jpg

kid3025.jpg
“KID BOX特選 PORSCHE  Carrera &AC Cobraのお知らせ。”
KID BOXがスパークに作らせるモデル7台をご案内いたします。
いづれもマニアックな物ばかりで、しかも限定品です。
ご要望の方は11月8日までにご連絡ください。

SKB43026 1/43 Porsche Carrera 6 (906-120)#6 ¥8,600
JAPAN GP 1967 S.Taki ≪限定品≫
SKB43027 1/43 Porsche Carrera 6 (906-120)#7 ¥8,600
JAPAN GP 1967 T.Sakai ≪限定品≫
SKB43028 1/43 Porsche Carrera 6 (906-120)#8 ¥8,600
Winner JAPAN GP 1967 T.Ikuzawa ≪限定品≫

このモデルは第4回日本グランプリ(1967年)に参加したタキレーシングチームのポルシェ カレラ6(906)です。6号車は滝オーナー自身が乗り5位に入りました。酒井選手が乗る7号車はバンクから飛び出し大クラッシュによりリタイアしましたがドライバーにはかすり傷ひとつなくポルシェの安全神話を作りました。8号車は生沢選手により、強豪日産プリンスR380AⅡを破り総合優勝を飾りました。このレースはポルシェブランドを不動のものにしたレースでもありました。

kid3026.jpg

kid3027.jpg

kid3028.jpg
続く。
“エアブラシでの塗装法。DVD 入荷。”
長谷川迷人によるエアブラシ塗装法がマスター出来ます。113分  ¥2.160(税込)

DVD hasegawa
“ Le Mans 24h 2015年 (DVD 日本語版)入荷しました。
日本語版のDVD(ユーロピクチャー)、 2015年ル・マン 24hが入荷しました(240分)。
3台のポルシェ919の速さが確認できます。残念ながらNISSANの遅さも・・・・。
2015 AUTO modelisme(写真集 ¥2.500)を傍に置くと、楽しみが倍増します。
LM-GTE,LMP-2のリアルなル・マンの迫力をお楽しみください。  ¥3.888(税込)
     TEL03-3960-2829  フジヤ
DVD2015LM.jpg
“ル・マンの街歩き  その1.”
ジャコバン広場からジャコバン・センター(商業施設)から1分程歩くと「ル・マン 観光センター」があります。ル・マンに関する情報は全てここでGET出来ます。物産、工芸品も展示してあります。
ここを右に廻るとル・マンのモニュメントに行けます。この道に限らずル・マンの街もエトワール(星型の放射線 ロータリー)になっているので、違った道からでもモニュメントに行けます。途中の店を見て歩くのも楽しいです。レース期間中は店頭にレース関係のミニカーやGOODSがレイアウトされています。服装関係の店が多くなってきましたが、食べ物屋さんも多くフランス人の食文化を垣間見る事も出来ます。何を注文したら良いのか、値段も良く分らないので以前は敬遠していましたが、休憩するにはこの手の店に入ると、低価格で楽しめます。本屋、木製玩具の店もあります。
      続く。
lmct1.jpg
(観光センター)
lmct3.jpg
(ジャコbン・センターの裏&泉)
lmct2.jpg
“僕はこれからも玩具を売りたい・・・。”
1階に下りて僕はミニカー、建物模型を中心に自分の陣地(?)で仕事をしている。時折同じフォロアーに有る玩具屋の手伝いをする。以前と比べて1.5倍の仕事量になった。2階から降りた時に「オヤジの陣地で好きな仕事だけをすればいい・・・」と言われていたが、気が付くと上手く息子にはめられた気がする。僕は玩具が好きなのでどうしても入荷した玩具のレイアウトをしてしまう。とは言えスーパーマーケットや量販店のおもちゃ売り場の様な安易なレイアウトをするのは嫌で、どうしても凝ったレイアウトをしてしまう。HOBBYで鍛えた体は安易なレイアウトを許さない、「そんなに凝らなくっても・・・」と家の者に言われるがそれが出来ない。現在玩具は子供だけの物ではなく、子供から大人まで否、大人から子供までの玩具好きの人にフジヤは玩具を販売している。僕が気に入って仕入れた玩具を、気に入ってくれた玩具好きの方に買ってもらう時は「玩具やをやっていて良かった・・」と思う。僕は玩具を通じて地域の人に「文化」を売っていると言う自負が有る。

おもちゃ屋に居て最近気になる事が有る。携帯で玩具の箱のバーコードを撮影している。それがなにをしているか分らなかったが、彼等の行動を知ってから僕は憂鬱な気分になった。
更に玩具のパッケージを撮影すると何とネット上に商品の絵と価格が出る。彼等(彼女達)が古くて価値のある玩具の価格を店内で調べて、その商品がネットで高くなったら玩具店から買ってそれをネットで販売する。問屋、メーカーから仕入れをしないから仕入金はゼロ、在庫もゼロ、要は何のリスクも持たずに利益を得る。当然税金も払っていない。これを生業にしている輩が多数いる。
そして今回ここにご登場いただく親子に僕は愕然とした。例によりお父さんが玩具の箱を撮影して価格をチャック。何やら子供に話すと、子供が「アマゾンで買うの・・・」と。この間お父さんは一言も発せず携帯を繰り返し、その後この親子は黙って店を出て行った。店を商品見本を見るだけのショールームと思っているのか。憂鬱を通り越して久しぶりにムカッときた。この親子が又来たら僕は「携帯お断り・・」と言おう。玩具をスーパーマーケットの芋、大根と同じに見ている。お父さんは今後どんな教育をこの子にするのだろうか。
「この手の輩に玩具を売ろうとは思わない。」と息子に言ったら「オヤジは甘い、青い・・・」と言われた。
以前本屋さんが無くなった原因の1つに欲しい本のあるページを盗撮したり、事も有ろうにその欲しいページを切り取ったりする輩がいる、それって犯罪だその為に本屋が倒産する。更には本屋で内容を調べて、持ち帰りが重いだとかでアマゾンで本を買う。それまで地域の文化を育ててきた本屋さんが無くなる。ここで「道徳」を持ち出すつもりはないが、ここまで日本人は堕落したかと思ってしまった。
“粗い画像が送られてきました。”
スパークから送られてきた、Looksmartがリリースする8台のモデルの画像はとても貧弱です。
これではせっかくのFerrari車が台無しです。でももしかすると何か裏が有るのかなと勘ぐってしまいます。
安心して下さい、サービスで差し上げるフジヤの生写真は鮮明にFerrari車を撮影してあります。
そこがフジヤの強みです。(またまた自画自賛)
ですからどうせ買うならフジヤに!!

“Looksmart/スパーク 2015年ル・マンのフェラーリ。”
2015年ル・マン出場のフェラーリ8台がLooksmartからリリースされます。
クラス優勝を果たした72号車をはじめ、AF CORSEのマシンなど魅力的なモデルたちです。ル・マンコレクションにお加えください。(1台買うならやはりこれでしょう 、 LSLM030 No.72)
これでスパークからリリースされるモデルを加えると今年のル・マン車は完璧になります。

※11月8日までにご注文を頂いた方にル・マンで撮影したフェラーリ各車(1台に付1枚)の
生写真をサービスいたします。
皆様のご注文をお待ちしています。


●Looksmat/スパーク(1/43 メーカー完成)価格は税抜です。

LSLM030 "Ferrari 458 Italia No.72 LM 2015 Winner GTE Am SMP RACING
V. Shaytar - A. Bertolini - A. Basov"12,500円 2015年12月
LSLM024 "Ferrari 458 Italia No.51 LM GTE Pro AF CORSE
G. Bruni - T. Vilander - G. Fisichella" 12,500円  2015年12月
LSLM027 "Ferrari 458 Italia No.61 LM GTE Am AF CORSE
P. A. Mann - R. Giammaria - M. Cressoni" 12,500円 2015年12月
LSLM026 "Ferrari 458 Italia n.55 LM GTE Am AF CORSE
D. R. Cameron - M. Griffin - A. Mortimer" 12,500円 2016年1月
LSLM028 "Ferrari 458 Italia No.62 LM GTE Am SCUDERIA CORSA
W. Sweedler - T. Bell - J. Segal" 12,500円 2016年1月
LSLM029 "Ferrari 458 Italia No.66 LM GTE Am JMW MOTORSPORT
A. T. AlFaisal - J. Giermaziak - M. Avenatti" 12,500円 2016年1月
LSLM025 "Ferrari 458 Italia No.71 LM GTE Pro AF CORSE
D. Rigon - J. Calado - O. Beretta" 12,500円 2016年2月
LSLM031 "Ferrari 458 Italia n.83 LM GTE Am AF CORSE
F. Perrodo - E. Collard - R. Aguas" 12,500円 2016年3月

LSLM030.jpg
(LSLM030)
LSLM024.jpg
(LSLM024)
LSLM027.jpg
(LSLM027)
LSLM026.jpg
(LSLM026)
LSLM028.jpg
(LSLM028)
LSLM029.jpg
(LSLM029)
LSLM025.jpg
(LSLM025)
LSLM031.jpg
(LSLM031)
“ウエルカム・ブリティッシュ その2.”
別棟にはル・マン何連の商品が展示販売され、規模は小さいが今年も多くの43スケールのジオラマが展示されていた。日本でもこの日が来るのを僕は待って居る。
画家がクルマを見ながら絵を描いていた。その周りに人垣が出来ていた。何処かで見た絵だ。そうだルマンミニチュア社の説明書、イラストで見た絵だ。画家はJean-Marie GUIVARCH。僕は1995年から付き合っているルマンミニチュアのベノイト・モロの話をした。彼に限らず会場には画家、イラストレーターが自身の作品を展示販売している。ル・マンの精緻なイラストを画くデミリオ氏とこの3年会っていない。その事をF婦人に聞くのを忘れた。

wb724.jpg

wb736.jpg

wb732.jpg

wb732-1.jpg
“ウエルカム・ブリティッシュ その1。”
ドーバー海峡を越えてル・マンを楽しみに来るイギリス人の為に開催されるのが「ウエルカム・ブリティッシュ」です。会場はル・マン郊外。カミラのオヤジさんがこの会場のスタッフなので今年もカミラのお袋さんに車で会場に連れて行って貰った。ご夫妻とは先週ル・マンのサーキット外周をドライブしたので、会話は色々な話題で弾む。前日夜半の大雨にも関わらず会場は大勢の人で埋まっていた。ジャズバンドに迎えられイギリス車が次々と会場に入ってくる。FORD GT40がこんなにも多く見られるとありがたみも薄くなる。何年か前にJCに連れてきてもらい、次にF婦人と来た時はボランティアの方に自慢の車に乗せて貰った事がある。以来僕はここのレギュラーになっている。僕は夢中になってビデオカメを回した。2時間はアット言う間に過ぎた。車好きの楽園だ。
           続く。
wb702-1.jpg
(トンネルを潜ると天国が・・・)
wb700.jpg
(イギリス車好きにはたまらない。)
wb705.jpg

wb720.jpg
“CMCの最新作は・・・。”
この為にCMCは今までの商品をリリースしていたと思います。
いよいよフェラーリ250GTO 1962年のモデルが1/18スケールで発売されます。
カラーは(レッド、シルバー、ブルー、イエロー)の4種類です。価格は各¥55.000+税(予価)
送られてきた画像を見る限りこれ以上の250GTOは望めそうもありません。
価格も決して安くはありませんが、是非コレクションにお加えください。

※世界中からの注目商品に付き品切れ必定です。 予約はお早目に。


世界スポーツカー選手権は1962年から国際マニュファクチャラーズ選手権と改名した上で、量産車のGTカークラスにチャンピオンシップがかけられるようになった。フェラーリはこれを制するため、先代の250GTベルリネッタSWBの空力的弱点を改良した250GTOを投入した。
"250"は250cc×12気筒=3,000ccエンジン(実際には2,953cc)を示す。"GTO"はGran Turismo Omologato(グラン・ツーリスモ・オモロガート)の頭文字で、GT選手権用として公認(ホモロゲーション)を取得したモデルという意味です。250 GTOは39台が作られたに留まり、「連続した12か月に100台以上生産」というGT選手権参戦基準(ホモロゲーション)を受けるにはほど遠かった。しかしフェラーリ側はSWBのバリエーションと説明し、SWBの生産台数230台とあわせて100台を超えていると主張した。当時のGTレギュレーションでは、ホモロゲーションを受けるにはボディ形状は決まっておらず自由とされており、たとえ1台ずつ形状が違っていてもルール違反にはならなかった。SWBにはオールアルミボディ、6連キャブレター、5速ミッションなどのオプションが巧みに設定されていたため、フェラーリ側からの申し入れが認められ、GTOはホモロゲーションを取ることに成功しました。

CMC 1/18 フェラーリ 250 GTO 1962 レッド 2000台限定
CMC 1/18 フェラーリ 250 GTO 1962 シルバー 1000台限定
CMC 1/18 フェラーリ 250 GTO 1962 ブルー 1000台限定
CMC 1/18 フェラーリ 250 GTO 1962 イエロー 1000台限定

250r1.png

250r2.jpg

250r3.jpg

250r4.jpg

250s1.jpg

250s2.jpg

250b1.jpg

250b2.jpg

250y1.jpg
“11月8日(日)のホビーフォーラムは出店しません。”
店内改装後雑用に追われやっと一息ついた所です。
時間ぎりぎりまで出店計画を練りましたが、どうしても都合が付かず、11月8日の横浜・ホビーフォーラムに出店出来なくなりました。当てにしていた方にお詫びいたします。

毎年会場でその年のAUTO modelisme(ル・マン全出場車 写真集)を販売しますので会場でご購入いただく方も多々おいでです。
そこで今回は大阪の「ロデルガレージ ロム」さんの店頭で2015年,2014年、2013年のAUTO modelismeを販売して貰う事になりました。会場にお越しの方で同誌をご購入希望の方は是非ロムさんのコーナーにお越しください。

今年フジヤ(僕)は出店しませんが、色々な方とのお付き合いもありますので、朝一で会場に行きます。若し会場で僕を見かけましたら、お声を掛けて下さい。当日都合で午後2時までには店に戻らなくてはなりませんので、会場に居るのは正午までです。

“メタルKITはレジンKITとは違います。”
PADOCK社、SRC社、PYRO社、パイレーツ社のメタルKITと、MINIRACING社、MICROSPEED社、GAFFE社のレジンKITが出て来ました。
PADOCK「COURAGE C50 LM1998 No.24」を特記します。PADOCKはご存知の方も多いと思いますがAMRの流れをくむKITメーカーです。ご覧の様にこれぞメタルKITだと言わんばかりのパーツ構成になっています。ドライバーはMR.ル・マン寺田陽次郎、デザインはヒロヤマガタの“花”です。レジンでは絶対味わえない迫力です。
SRCはLotus 79“Martini”、PYROは1/16スケールのランブレッタ、パイレーツはPARIS BUSです。
MINIRACINGのポルシェ961 LM1986、GAFFEはメルセデス1935ラリダカをユニークな物ばかりです。値段もこなれていますので、ご来店の上お買い求めください。
「S野さん、F井さん待っていますよ。」

kyuukit1.jpg

kyuukit2.jpg
“スパーク アーカイブ”
モデルサーズ誌で連載している(スパーク アーカイブ)の商品が出て来ました。
発売当初モデルはブリキ製の缶に入っていました。「レジンKITを上手に組んだ・・・」と言う印象でした。次に白地にブルーのSparkのロゴが付いた箱に入り、中のモデルは見えませんでした。
LM2000のマイナーなマシンを何台かリリースしていました。商品は今ほど塗装、デカール貼りも良くなかったのですが、ル・マン車がコレクション出来る喜びが有りました。
いずれも1台限りしかありませんので、興味をお持ちの方はお問い合わせの上お買い求めください。

●スパーク(1/43 メーカー完成)
SCMG10 MG ローラ EX257 「Banans  joe's」 LM2003 No.27 ¥6.400
SCOT03 ピルビーム MP91 LM2003 No.23 ¥6.400
SCOT04 ピルビーム MP84 LM2001 No.35 ¥6.400
SCOT01 MG ローラ EX257 No.37  ¥6.400(箱なし)

SCYD05 レイナード 2KQ-LM/クライスラー LM2000 No.6 ¥10.560(ブリキ缶入り)
spar1.jpg

spar2.jpg

spar3.jpg




“ジャコバン広場 その3.”
jyakob4.jpg
ジャコバン広場の前からパレードが出発します。組み立ての簡易スタンドはトレーラーに積まれて来て、短時間に作られます。この席は「招待席」になっていて一般には入手出来ません。ここからジャコバンスンターの脇を通り、ル・マン観光センターを前を通り、しばらくして右に折れると車検場に着きます。
jyakob2.jpg
サンジュリアン教会から見たジャコバンシアターです。左の端にジャコバン広場の木立が見えるでしょう。画像はジャコバンセンターの内部です。この階にシネマコンプレックスの入り口が有ります。
jyakob3.jpg
“ジャコバン広場 その2.”
ジャコバン広場はル・マンモニュメント(記念碑)から徒歩2分。ル・マン市内は皆さんが想像しているよりずうっと小さい街です。広場の前にはジャコバン・センターと言う商業センターが有り、1Fにはスナックもありますが、アルコール類は販売していません。ですからアルコールが欲しい方は、広場前のレストランに入るか、中心地マクドナルド脇のスーパーで購入するしかありませんがアイスがないので、やはりレストランに入るしかありません。余談ですがフランスには自販機が有りません。暑い夏に冷たい物を飲みたければこれまたレストランに入るしかありません。これで雇用が確保できるとの考えです。電力をバカバカ使い、利便さになれた我々日本人にはつらい国に移ると思います。

jyakobann5.jpg
(ジャコバン広場の真ん前にあるレストラン。ACOの幹部連が食事をしている場面に遭遇したことがあったっけ)
金曜日のパレードはここからスタートするようですが、僕は招待席にいたのでその場面は見ていません。
jyakobann6.jpg
(旧市内のツーナー:トンネルを上りきった場所からジャコバンシアターを臨む)

“ジャコバン広場 その1.”
ジャコバン広場はサン・ジュリアン教会の真下にあり、確か2012年まで車検場として使われていました。映画「栄光のル・マン」でS.マックインがポルシェでル・マン市内に入ってくる場面で登場します。ジャコバン広場に入るには右側の狭い通路をトランスポーターが行きかっていました。その前にはル・マンシアターが有り、映画館、劇場が有りました。この前の広場には地下が有り、駐車場になっていて広場はスッキリしていました。
現在、車検場はル・マン中心地に移り、サン・ジュリアン教会とジャコバン広場を挟道路にはル・マン第3番目のトラムが走り、サーキットまでの利便性が増しました。昔ル・マンシアターが有った場所には2つの大きな建物が出来、1つはシネマコンプレックスとして、もう1つは各種公演が出来る建物になりました。ジャコバン広場を囲む木立は昔のままで当時の車検風景を見るとここが車検場だったことが偲ばれます。僕の一番の思い出は中野シンジさんにサインを貰っていた時に奥さんが甲斐甲斐しくサポートをしていた姿です。
次はジャコバン広場周辺を書きましょう。

jyakoba1.jpg

jayoba2.jpg
(奥に見えるのがジャコバン広場です)
jyakoba3.jpg

jyakoban4.jpg
“洋白線、真鍮パイプ入荷しました。”
切らしていました、洋白線、真鍮パイプが入荷しました。

洋白線 直径0.3mm~1.2mm 各\420(税抜)
真鍮パイプ 外径0.4mm 内径0.2mm ~外径1.2mm 内径1.0mm 各¥450(税抜)

※お問い合わせの上ご注文下さい。

サカツウウパーツ
“モデル パーツ(訳あり)有ります。”
今回お知らせするパーツは新品ではありません。1度使用した物とか、封を切ってしまったために袋が傷んだりしたものです。ですがパーツとしての役目は十分に果たせます。
ご来店頂き、ご覧になった上でお買い求めください。価格は超、超、特価です。

※このパーツ類は通販出来ませんので、ご来店の方のみと致します。

pa-tu.jpg
“改装セールを開始します  第2弾。”
●プロバンス KIT
1126 ポルシェクレマーK8 No.2 “STP” Le Mans1996 ¥2,700
1058 ポルシェ 911 GT2LM1995 ¥1,800
1866 アウデイー R8 “Team 郷” No.5 LM2003 ¥1,800
1579 パノス LMP1 テレビ朝日  No.22/23 ル・マン2000 ¥2,250
KC065 Aston Martin DBR9 Aston Martin Racing No.58/59 Le Mans 2005 ¥2,700
KC065 Aston Martin DBR9 Aston Martin Racing No.58/59 Le Mans 2005 ¥2,700
KC014 Pescarolo C60 n°18 Le Mans 2004  ¥1,800
K159 Aston Martin DBR9 Lm2008 ¥2,700
K159 Aston Martin DBR9 Lm2008 ¥2,700

●HIRO KIT
K382  962C Ver.B :1987 Sarthe 24hours #17 #18  ¥11,340
K356 LOTUS TYPE97T Ver.A :1985 Rd.2 Portuguese GP ¥9,828
K367 LOTUS TYPE 88 / 88B Ver.A [ Lotus 88 : 1981 Long Beach GP / Argentine GP/ Brazil GP ¥10,584
K368 LOTUS TYPE 88 / 88B Ver.B [ Lotus 88B : 1981 British GP ¥10,584
K386 BT52/BT52B Ver.C [BT52B : 1983 Rd.13 Italian GP ¥9,828

“レストラン 「ル・マン リジェンド」”
車検を見にル・マンのセンターに行く前にレストラン「ル・マン リジェンド」に入ってみた。店内の大きな木製のテーブル、椅子がル・マンの歴史を物語る。店内に展示されている数々のGOODSを見ながらの食事は多少高い料金ですが、それでもおつりが来るくらいいい気分にさせてくれる雰囲気です。ル・マンに行ったら一度は入る価値はあります。カウンター越しのポスターもおしゃれです。土日の試合中にここに入る事は出来ないと思います。壁に掛かったプレート、店内にあるミニカー、ユニホームを堪能できます。

●次はジャコバン広場の今昔についてお話します。
lmri1.jpg

lmri2.jpg

lmri3.jpg

lmri5.jpg
“トラム&バスの料金。”
またまた寄り道をしましたがル・マンレポートを続けます。

さて、ル・マン市内を走るトラム、バスのチケット購入の仕方&料金を書きます。
トラム、バスは同じ料金です。券売機は各停留場にあり、現金かカードを使用します。一回乗車は1.5€、2回乗車は2.9€、10回券は12.7€です。
昨年からトラムは3路線になり、バス路線はかなりな本数が有りますので、乗り継ぎでどんな目的地にでも行けます。トラムは頻繁に運行されています。バスは平日(月~金)、土曜、日曜で本数が極端に変わります。両交通機関も1,2回乗れば把握できます。ここでも乗車後の自身で行う改札は必要です。これをしないで見つかると恐ろしい罰が有ります。

●次は車検前に行ったレストラン「ル・マン リジェンド」をレポートします。
toramu.jpg
(駅からジャコバン広場を目指す)
toramu2
(この坂を上りきるとジャコバン広場が見えてkます)
toramu3.jpg
(各駅にある券売機)
toramu4.jpg
(トラムの内部)
“改装セールを開始します  第1弾。”

店内改装してから1ケ月経ちました。店内も落ち着きましたので、改装セールを開始いたします。
下記のKITを超特価で販売致します。   販売期日:10月20日 までです。

※商品は一点物が大半ですので、ご注文は電話でお問い合わせの上、ご購入下さい。
TEL  03-3960-2829

ksal2.jpg

●TAMEO KIT
TMK129 フェラーリ641/2 マンセル/プロスト モナコGP1990 ¥5,400
TMK142 フェラーリ643 フランスGP1991 プロスト/アレジ ¥4,500
TMK152 フェラーリF92A 南アフリカGP1992(人形付)¥3,150
TMK170 ベネトンB193B ポルトガルGP1993 シューマッハ/パトレーゼ ¥2,700
TMK183 ジョーダンHART194 フランスGP1994 バリチェロ/アーバイン ¥2,700
TMK265 ザウバー ペトロナス C17 モナコ’98 (RED BULL) ¥3,600
TMK287 ロータス・フォード 91 “JPS” モナコ/カナダGP 1982 マンセル¥3,600
TMK297 ウィリアムズ フォードFW08C アイルトン・セナ   19July1983 ¥2,700
TMK339 フェラーリ F2003-GA 日本GP 2003 ¥9,000
TMK344 フェラーリ 312B イタリアGP 1970 優勝車 レガッツオーニ/J.イクス ¥5,400
TMK353 フェラーリ F2005 日本GP M.チューマッハ/R. バリチェロ ¥5,400
TMK361 フェラーリ 248F1 イタリアGP 2006ウイナー M.シューマッハ+F.マッサ ¥5,400
TMK362 フェラーリ 248F1 ブラジルGP 2006ウイナー M.シューマッハ+F.マッサ ¥5,400
TMK362 フェラーリ 248F1 ブラジルGP 2006ウイナー M.シューマッハ+F.マッサ ¥5,400
TMK369 フェラーリ F1-89 ブラジルGP 1989 Winner N.Mansel ¥9,000
TMK370 フェラーリ F2007  中国GP  ワールドチャンピオン フェラーリ200勝 ¥5,400
TMK374 フェラーリ F2007 ブラジルGP ワールドチャンピオン決定GP フルキット ¥9,000
TIK09 ローラ/コスワース T89 Kraco 1989 B.レイハル ¥1,800
TIK14 ペンスキー/シボレー PC18 Marlboro No.25 1989 Al Unser Sr. ¥1,800
SLK027 マクラーレン MP4/20 日本GP ライコネン/モントーヤ ¥3,600


●ルネッサンス KIT
72 ポルシェ935/2 MARTINI No.41 LM1977 ¥4,500
72 ポルシェ935/2 MARTINI No.41 LM1977 ¥4,500
25/33 ポルシエ 911GT1 N.29  ルマン’97 ¥4,500
70po ベントレー EXP Speed 8 No.8 LM2002 4位 ¥6,300
59b パノス LMP TV朝日“チーム・ドラドン”LM2000 ¥2,700
72b ポルシェ935/2 MARTINI No.41 LM1977 ¥5,400
72b ポルシェ935/2 MARTINI No.41 LM1977 ¥5,400
54 ポルシェ935 ”MARTINI” No.40 LM1976 ¥3,600
82 Aston Martin DBR9 Le Mans 2005 (kit 1/43gamme “Integral!”¥4,950
82 Aston Martin DBR9 Le Mans 2005 (kit 1/43gamme “Integral!”¥4,950
63 ポルシェ935 “Martini” ムジェロ’76 優勝車 ¥4,050
27 TWRポルシェ・ヨースト No.7 優勝車 Le Mans1996 ¥2,700
21b マクラーレンF1GTR “Gulf” No.24 Le Mans1995 ¥4,500
41b マクラーレン F1 GTR FINA ルマン’97 ¥4,500
40 ポルシエ 911GT1 Mobil1 ルマン ’97 No25,26 ¥4,500
38C PO ニッサンR390GT1 ル・マン 1998 No.33  ”JOMO" フルデティール ¥5,400
38 ニッサンR390GT1 ル・マン '97 No.21,22,23 ¥5,400
38 ニッサンR390GT1 ル・マン '97 No.21,22,23 ¥5,400
38C ニッサンR390GT1 ル・マン '97 No.21,22,23 ¥5,400
9 ニッサン300ZX IMSA Daytona94 No.76 ¥5,400
86b Aston Martin DBR9 LM2008 No.007/009 ¥4,950
86b Aston Martin DBR9 LM2008 No.007/009 ¥4,950
21 マクラーレンF1GTR “ UENO CLINIC”No.59 1位 Le Mans1995 ¥4,950