LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“来年こそは・・・。”
cap1.jpg

cap5.jpg

cap6.jpg

北海道のAさんから「ル・マンのキャップは有りますか・・」の電話。「無論ありますよ」と返したが「HPの何処にも掲載されていないです。」との事。
そうなんです。どこにも掲載されていない。フジヤのHPが生かされていない。確か何か月前にブログで今年のキャップの事を掲載したと思ったが「ル・マン関連商品」としてHPで特に掲載して無い。  各¥4.800(税込)

ル・マンのキャップを僕は多数持っている。キャップコレクターを自負している。今年はACOのロゴが一新されキャップにもそれが使用されている。(自分ばかり楽しんでの声が聞こえて来そうです)

Aさんはこのロゴのキャップに興味をお持ちの様で早速画像を送る事にした。「もっと商売に身を入れなければいけませんよね」と僕はコメントを添えて。

※ 来年は画像でル・マン関連商品を積極的に紹介、販売しようと思った。

スポンサーサイト
“フィギュアーが入荷しました。”
43swna1.jpg

roni.jpg

TSMの1/18スケールのフィギュアー3体が入荷しました。これをジオラマに仕立てるのは僕の技量では到底無理ですしベースの大きさが問題です。そこへ行くと先日お話ししたデニゼンを使ったジオラマなら小さいスペースにかくの如き素晴らしい作品に仕上がります。
週末から年末、年始の休暇に入る方もおいでかと思います。デニゼンのフィギュアー塗装に一度チャレンジしてみませんか。   (かなり強引にジオラマの世界にお誘いしている感が有ります。)

※画像はR.ピーターソン。¥4.536

“クリスマスも無事に終わり・・。”
43base1.jpg

「サンタさん」が居ると思っている子供に親はプレゼントを見つからないようにそっと枕元に置き、翌朝「私の所にサンタが来た・・。」と喜ぶ子供の姿を見たくて親は頑張ります。
そのプレゼントが決まるまで、それが何かを聞き出すまで親は大変です。
子供の事ですからギリギリ仁ならないと決まらないプレゼントに親は翻弄され(?)人気商品ですとその入手がこれまた大変です。今年はなんといっても「妖怪ウオッチ」でした。僕達玩具屋はこの日にお客さんの要望に応える努力をします。
毎年同じ様な光景を繰り返しながら今年も無事に終わりました。今年も95%お客さんに商品を供給できたと自負しています。

責任を果たした安堵感と軽い疲労感が有ります。これを解消するには軽いジオラマを作るに限ります。そして出来たのがこのベースです。坂のカーブを走るF1です。前後左右の長さはどれも違います。こうする事によってF1の速さを表現したかったのです。スパークのマシンはフィギュアーが付いていますので臨場感があります。でも惜しむらくはフロントタイヤがステアしないので今一かと思いますが、これで十分です。    続く。

“デニゼンのフィギュアーをチェックしました。”
jiora2.jpg

jiora1.jpg

1/43スケールのミニカーを飾る乃至はジオラマに仕立てるフィギュアー(デニゼン)を見て下さい。
下にアドレスを貼っておきます。
フィギュアーはタミヤの「エナメル塗料やシタデル塗料で塗装して頂くと図の様な作品になります。
そしてもう一枚の画像はスパーク等のミニカーを坂道にレイアウトした物です。
「案ずるより産むが易。」まずは一体塗ってみて下さい。

http://homepage2.nifty.com/itabashi_fujiya/CtMinicar/Newitem/Denizen/index.html

“年末年始の営業日のお知らせ。”
明日(12月23日 :火)は営業いたします。何しろクリスマスイブです。1Fの玩具売場は1年で一段忙しい日です。ですから休むわけにはいきません。代休は30日です。

そして新年は元旦から営業です。これも玩具屋の宿命です。毎年12時から開店ですが11時には必ず子供から電話が有ります。おもちゃ屋冥利に尽きます。

1月は6日が初めての休みですので、それまで持ちませんので
12月31日の大晦日に休業致します。

※12月30日、31日連休致します。

“ミニカーの芸術性。”
mu787.jpg

mk9.png

今回入荷の2台のメイクアップのミニカーは単なるコレクションアイテムと言うより芸術品(オブジャ)を感じます。787Bのマツダ車はスパークを始め幾多のメーカーがリリースしています。同じ車を比較して楽しむのもコレクションの楽しみです。この787Bはモデルを慈しむかのようにグレーの布に包まれていて「宝石と同じ扱いをして下さい・・」とでも訴えている様です。台座の“白”もおしゃれです。
“来年2月~4月入荷のスパーク。”
押し詰まって来ました。来年2月~4月にリリースされるスパークの新製品情報が届きました。
今回は24台の案内ですが、当店が主に扱うのは〇、◎を付けた9アイテムです。
ご検討いただきご注文下さい。

※ご注文は12月25日までとタイトです。宜しくお願い致します。

●スパーク (1/43 メーカー完成)
 S1374 Porsche 928 S 1980 \6,804
 S4164 Porsche 935 No.68 Le Mans 1979 M. Minter - "TED" - J. Morton \7,128
 S2138 Lotus 24 No.30 Monaco GP 1962 Maurice Trintignant \7,128
○S1592 Matra MS120B No.8 Winner Argentina GP 1971 Chris Amon ¥7,128
 S2234 Hesketh 308E No.25 Belgium GP 1977 Harald Ertl \7,128
○S4059 Williams FW12 No.5 2nd British GP 1988 Nigel Mansell \7,128
○43LM31 Alfa Romeo 8C No.16 Winner Le Mans 1931 L. Howe - H. Birkin \7,452
○S4096 Gebhardt JC853 No.74 Le Mans 1986 S. Dickens - P. De Thoisy - J.-F. Yvon \7,128
 S4166 Porsche 935 No.37 Le Mans 1979 J. Fitzpatrick - H. Grohs - J.-L. Lafosse \7,128
○S3371 ATS-Penske PC4 No.34 6th Long Beach GP 1977 Jean-Pierre Jarier \7,128
 S3460 Porsche 804 Test Session 1962 Jo Bonnier \7,128
 S4011 Surtees TS19 No.18 German GP 1977 Vern Schuppan \7,128
○S3587 Spice SE 86C No.131 Le Mans 1988 J.-P. Grand - J. Terrien - M. Guenoun \7,128
 S2141 Lotus 24 No.12 Monaco GP 1963 Jim Hall ¥7,128

s1592.jpg

アルゼンチンGPと記載してありますが、これはF1のタイトルがかかったレースではありませんでした。
クリス・エイモンはFIA主催のF1GPでの優勝経験はなかっただけに、彼自身のキャリアにとって有意義なレースだったことでしょう。
マシンはF1に使用されるものと同一のマトラMS120Bです。(スパーク談)

s4059.jpg

ゼッケンが固定番号ではない時代にもかかわらず「レッドファイブ」と言えばマンセルを指すほどに、
赤い5番は印象的な速さを見せました。1988年は”セナ・プロ”のマクラーレンコンビが無類の強さを発揮しましたが、
マンセルの駆るウイリアムズも徐々に熟成し、この後の活躍につながっていきます。(スパーク談)

s4096.jpg

エントラントのゲプハルト・モータースポーツはBMWともつながりのあるチームですが、このJC853には
3.3リッターのフォードDFL V8エンジンを搭載しています。予選は27位、決勝では5時間あまりでリタイアとなりました。
(スパーク談)

s3371.jpg

s3587.jpg

地元フランスのGraff Racingがエントリーしたスパイス SE86Cは3人のフランス人ドライバーが乗っています。
完走まであと少しの20時間経過時にエンジントラブルでリタイアとなっています。(スパーク談

s3980.jpg

エントラント名はフットワーク・ポルシェ、シャシーはアロウズFA12でポルシェのV12を搭載したマシンです。
アルボレートと、A.カフィ、そしてS.ヨハンソンのドライブで1991年シーズンを戦っています。
重いポルシェエンジンに苦しみ、この年の最上位成績はA.カフィの日本GPでの10位でした。(スパーク談

43da89.jpg


アメリカのメジャーブランド、ミラービールのロゴをまとった962は、強く印象に残るデザイン。
B.ウォレック、J.アンドレッティのアメリカン人ドライバー、そしてイギリス人のD.ベルの3人によってデイトナ24時間を制覇しました。
スパークではすでに1/18スケールでモデル化しておりますが、今回待望の1/43スケールで登場です。(スパーク談
s2271.jpg

s2143.jpg

43lm31.jpg
“積雪被害のお見舞い。”
寒いです。東京の今朝の気温は2度でした。幸い雪は降らないので豪雪地帯の方には申し訳ない気持ちです。通販でお付き合い頂いている新潟の方から電話を頂き、「半端じゃないですよ・・」、「2月のドカ雪が早くもやって来た様です」との事です。クロネコの宅配さんの話によると新潟の各地で配達が出来ないと聞きました。僕の長男は新潟の塩沢、湯沢でバスの運転手をしています。彼は運転が好きで、人に親切なので、「バスはお前の天職だ、頑張れ・・」とよく言っていますがさすが、ご機嫌伺いの電話を入れましたら「凄いよ・・」、「半端ない・・」と通販の方と同じ言葉が返って来ました。バスも今の時期スベル様です。「頑張れよ・・」としか言えません。
年末、年始を迎えて色々大変な事が起きると思いますが、皆さん体に十分留意してお過ごしください。何もお手伝いは出来ませんが、皆さんの健康を祈っています。

“スパーク 国別生産モデルのご案内。”
1987年~1990年にヨーロッパツーリングカー選手権、世界ツーリングカー選手権で活躍したBMW M3のバージョンと日本が誇るカーデザイナー ケン奥山がデザインしたマシン、そして2013年にマツダ・エンジンを搭載しデイトナに出場したデルタウイングが登場します。

ご検討の上、御注文下さい。ご予約の締め切りは12月25日までです。
SA=中国、SB=ドイツ、SF=フランス、SJ=日本、US=アメリカ   です。

sa032.jpg

1987年にヨーロッパツーリングカー選手権、世界ツーリングカー選手権をM3で獲得したロベルト・ラヴァーリは、
FIAが主催するツーリングカー選手権を初めて3連覇した名ドライバーです。これは1987年マカオGPのギアレースへの
参戦車両で、赤にゴールドのスポンサーカラーが印象的です。(スパーク談)

sb069.jpg

DTMカテゴリーでスパ・フランコルシャン24時間に出場したFINA BASTOS Team /Bigazzi。同じチームの3号車と
デッドヒートを繰り広げながら最終的には40秒差で優勝を果たしています。
ちなみにFINAはエンジンオイル、BASTOSはタバコのブランドです。(スパーク談)

sb068.jpg


80年代後半から90年代前半にかけてツーリングカー選手権で圧倒的な強さを見せたM3。
このマシンは92年のスパを制したマシン。BMW M Team Schnitzerでワークスチームと言ってもいい体制でした。
25号車が優勝、同じチームの24号車も2位になっています。(スパーク談)

sb067.jpg

Waterloo Motors/Lease PlanのM3は3人のベルギー人ドライバーによってドライブ。
ワークスのBMW Motorsport GmbHに8周もの大差をつけて優勝しました。
スポンサーのリースプランはヨーロッパの大手レンタカー会社です。(スパーク談)

sj029.jpg

フェラーリ・エンツォやマセラティ・クワトロポルテなどのデザイナーであり、近年は日本を代表する工業デザイナーとして
知られるケン奥山氏。自身のブランドであるKen Okuyama Designから2013年に発表されたライトウェイトスポーツカーがこのKode9です。
実車は370psを発生する2リッター直4ユニットをミドシップ搭載しています。(スパーク談)

sj034.jpg

Kode9のガルフカラーバージョン。クラシカルと新しさを融合させたようなKode9だけに、往年のレーシングイメージである
ガルフカラーも似合います。Gulfとはご存じのとおり、オイルのメジャーブランドです。(スパーク談)

us010.jpg

2012年のPetit.Le Mansなどで一定の成果を挙げたDelta wing。2013年シーズンにはエンジンをマツダ製に乗せ換え、
クーペボディとなって登場。デイトナ24時間耐久なども、このクーペボディで走っています。(スパーク談)

SA032 E30 M3 No.3 Winner Macau GP 1987 Roberto Ravaglia \7,452
SA033 E30 M3 No.7 2nd Macau GP 1987 Dieter Quester \7,452
SA034 E30 M3 No.8 3rd Macau GP 1987 Fabien Giroix \7,452
SB069 E30 M3 No.5 Winner 24h SPA 1992 J. M. Martin - S. Soper - C. Danner \7,452
SB068 E30 M3 No.25 Winner 24h SPA 1990 J. Cecotto - F. Giroix - M. Oestreich \7,452
SB067 E30 M3 No.48 Winner 24h SPA 1987 E. Van de Poele - J. M. Martin - D. Theys \7,452
SF080 Porsche 911 GT3 RS No.93 Rallye de France 2014 Romain Dumas \7,452
SJ029 Ken Okuyama Design Kode 9 \7,452
SJ034 Ken Okuyama Design Kode 9 GULF \7,452
US008 "SRT Viper GTS-R SRT Motorsports No.93 2nd GTLM 12h Sebring 2014
R. Bell - J. Bomarito - K. Wittmer " \7,452
US009 "SRT Viper GTS-R SRT Motorsports No.93 Winner GTLM Lone Star Le Mans 2014
J. Bomarito - K. Wittmer" \7,452
US010 Delta Wing No.0 Petit Le Mans 2013 \7,452

ご検討の上、御注文下さい。ご予約の締め切りは12月25日までです。

“スパークのDTM。”
sg169.jpg

sg171.jpg

sg177.jpg

sg178.jpg

sg181.jpg

市販車をベースとしたツーリングカーレースとして歴史と人気を誇るDTM。
DTMはDeutsche Tourenwagen Mastersの略称で、2014年は全10戦を開催。
メルセデス・ベンツ、アウディ、そしてBMWの3メーカーがしのぎを削りました。
今回ご紹介するのはメルセデス・ベンツとアウディのDTMマシン。
この中ではNo.7のMattias Ekströmが駆るAudi RS5が年間総合2位に、
同じくアウディRS5の前年度チャンプ、Mike Rockenfellerが総合3位となっています。
これらのアイテムはドイツ企画の限定数生産となります。
再生産の予定はありませんので、事前の予約をお勧めします。(SJ談)

●スパーク (1/43 メーカー完成)
SG168 Audi RS 5 No.1 Audi Sport Team Phoenix Mike Rockenfeller ¥7,452
SG169 Audi RS 5 No.7 Audi Sport Team Abt Sportsline Mattias Ekström ¥7,452
SG170 Audi RS 5 No.2 Audi Sport Team Phoenix Timo Scheider ¥7,452
SG171 Audi RS 5 No.21 Audi Sport Team Rosberg Jamie Green ¥7,452
SG172 Audi RS 5 No.15 Audi Sport Team Abt ¥7,452
SG173 Audi RS 5 No.8 Audi Sport Team Abt Sportsline Miguel Molina ¥7,452
SG174 Audi RS 5 No.16 Audi Sport Team Abt Adrien Tambay ¥7,452
SG175 Audi RS 5 No.22 Audi Sport Team Rosberg Nico Müller ¥7,452
SG176 "Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.5 Original-Teile Mercedes AMG
Christian Vietoris" ¥7,452
SG177 Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.12 FREE MAN’s WORLD Mercedes AMG Robert Wickens ¥7,452
SG178 Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.6 Mercedes AMG Paul Di Resta ¥7,452
SG179 Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.25 gooix Mercedes AMG Pascal Wehrlein ¥7,452
SG180 "Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.19 Petronas Mercedes AMG
Daniel Juncadella" ¥7,452
SG181 Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.20 Mercedes AMG Vitaly Petrov ¥7,452
SG182 Mercedes-Benz C-Klasse Coupe AMG No.11 EURONICS Mercedes AMG Gary Paffet ¥7,452

”ビザール 新製品。” 
●ビザール (1/43 メーカー完成)
B1008 "Golden Arrow - Daytona Beach Henry Segrave
LSR 231.43 mph (372.46 km/h) 1929" ¥18,900
B1010 Silver Bullet - Kaye Don LSR Attempt 1930 ¥18,900
B1012 Panther 6 1977 ¥9,180
B1014 Dymaxion Car by Buckminster Fuller 1933 ¥9,180

※お申し込みは12月25日ですご自分のクリスマスプレゼントに如何でしょうか?
“ビザール新製品のご案内-2。”
b1012-1.jpg

パンサー6は、イギリスのバックヤードビルダー
「パンサー・ウエストウインズ」で生産されたクルマ。
キャデラックをベースに8.2リッターV8ツインターボを
ミドシップに搭載しています。
しかしなんといっても目立つのは6輪車であること。
F1のティレル(タイレル)P34にインスピレーションを
受けたと言われる6輪は、前4輪がステアします。
このブラックとホワイトの2台だけが製造されました。

b1014-1.jpg

アメリカの発明家、バックミンスター・フラー氏が考案した
3輪の11人乗りコンセプトカー「ダイマクション・カー」。
ダイマクションとは同氏の考案した発明品につけられたブランド名。
このクルマの開発にはイサム・ノグチ氏も参加しています。
個性的なボディにフォードのV8エンジンを搭載、前2輪を駆動させ、
1輪の後輪をステアして曲がる方式でした。
試作車は3台が製作されましたが、
テスト走行時の事故などもあり、量産はされませんでした。
今回モデル化しているのは、試作3号車です。

※お申し込みは12月25日ですご自分のクリスマスプレゼントに如何でしょうか?
“ビザール新製品のご案内-1。”
正にビザールらしい4車種がリリースされます。ご覧の様なおしゃれな化粧箱に入ったミニカーです。MINIMAX社から送られてきたキャプションも素敵です。
※お申し込みは12月25日ですご自分のクリスマスプレゼントに如何でしょうか?

b1008-2.jpg

b1008-1.jpg

1929年、アメリカのデイトナビーチで12万人もの観客を集めて開催された速度記録挑戦において、それまでの記録は40km近くも上回る時速372.46kmの新記録を達成したGold Arrow。LSRとは「Land Speed Record」の略称です。
このクルマは排気量26.9リッターの航空機用W12エンジンをミドシップに搭載、最高出力は925hpと発表されていました。
流線型のアルミ製ボディはLSRとして初期のころのもので、デザインはサンビーム社のデザイナーの手によるものです。
それまでの記録は40km近くも上回る時速372.46kmの新記録を達成したGold Arrow。LSRとは「Land Speed Record」の略称です。
このクルマは排気量26.9リッターの航空機用W12エンジンをミドシップに搭載、最高出力は925hpと発表されていました。
流線型のアルミ製ボディはLSRとして初期のころのもので、デザインはサンビーム社のデザイナーの手によるものです。

b1010-1.jpg

b1010-2.jpg

このシルバーバレット(銀色の弾丸)は、サンビーム社が制作した最後のLSR(Land Speed Racer)。ドライバーはスピードボートの
速度記録挑戦などでも有名だったKaye Donを迎えました。流線形のシルバーボディに搭載されるのは新開発された24.01リッターの
V12エンジンで、最高出力は2000hpに達していました。前年にゴールデン・アローが出した記録の更新を狙いましたが、
車体の操縦性やエンジンの信頼性の問題などが重なり、失敗に終わりました。その後改良が加えられる予定でしたが、
サンビーム社の経営状況悪化により、このクルマも走ることなく売却され、その後スクラップとなっています。


“期日前投票で済ませました。”
何年か前から僕は選挙を期日前にしています。今回の総選挙は2人の孫の事を考えて投票しました。僕が孫にしてあげられる事は「戦争の無い国、戦争をしない国、戦争を仕掛けない国」、「安心して暮らせる国」の2点で彼等が将来も安心して生活する事が出来る国を実現してくれそうな候補者に投票する事です。僕の父は僕が生後1年3ヶ月で戦死し、焼け跡から僕の為に頑張ったおふくろの苦労を知っています。ですからどんなに美化されても戦争は嫌いです。きらびやかな生活より安定した、足を大地にしっかりおろした生活が幸せと思っています。
選挙に行かなかったり、棄権したりする人は逃げです。自分の暮らしは自分で決めるしかありません。他力で自分の生活が良くなると思っているのなら、それは誤りです。
自分の一票を信じて投票して下さい。しかし選挙後自分の考えとは違った方向に民意が向かったらこれは民意ですから仕方が有りません。じゃ~初めから投票に行かなくてもいいんじゃないと思うのも誤りです。白紙委任した訳ではないので文句が言えます。イレブンPMの司会者だった大橋巨泉さんの言う「民意が低い。」と言って海外に移住はできません。
選挙結果がどのようになろうともこの国に住んでいる限りこの国から離れられません。少しづつでも理想の国に成る様にしたいと思います。


“Mister Le Mans.”
jkx15.jpg

Mister Le Mans ジャッキー・イクスの手形、足形をかたどったブロンズ製の記念碑はル・マン市内中心地にあります(60x60cm)。その記念碑の右肩上に僕の小さなプレートが有ります(10x10cm)。
僕の一番好きなル・マンのドライバーはイクスですからこれは自慢です。この記念碑の前にある食品店とレストラン(ル・マンの市長さんが経営)の店員さんに「毎日磨いておいてね・・」の軽口をたたいています。最近では娘のイバンナ・イクスがル・マンに参戦していてファンに大もてです。
皆さんの中には優勝6回のイクスのマシンを収集している方も多いと思います。
近々に発売されるスパーク18LM82 ポルシェ956 No.1も是非コレクションに加えて下さい。
●註文受付中  \19.980  
※画像は洋書「Jacky ICKX」(¥13.750)とイクスのプレート(¥10.500)と僕のプレート(非売品)です。ご来店の折にご覧ください。

“洋書 Jacky ICKX 入荷。”
jx9.png

jx6.jpg

jx4.jpg

jx5.jpg

jx7.jpg

jx2.jpg

Jacky  ICKY (Mister Le Mans 、and much more)。
25x30.3cm 255ページ 英語併記 ¥13.750(税込)   
貴方はJacky ICKXのどの時代から興味を持ちましたか。1961~2000年までの多岐にわたる彼のレース人生の全記録がこの1冊に全て収録されています。(Hill Climb,Touring Car,F2、F3、F1,Cam-Am,Sports Cars,NASCAR、Rally Raid)

副題にあります様にル・マン優勝6回の金字塔は今も語り継がれています。彼のレース人生を多数の写真とテキストを掲載した豪華本です。今年のベスト BOOK間違いなしです。
Derek BELLを始め7名のドライバー達との交友録も見ものです。読ませます。
Jacky ICKXファン必見の本です。

●次回入荷分の予約を承ります。
※価格はレートの関係で変更されることもあります事をご承知ください。

※12月14日までにお申し込み頂くと年内のお届けが可能と思います。


“量より質、そして迫力。”
18s060.jpg

18lm82.jpg

18s160.jpg

18s159.jpg

コレクションの仕方も変わって来ました。以前は何しろ沢山欲しかった。それが出来の良いモデルが出来るとそちらに乗り換え、そしてよりリアルなモデルの収集になります。
スパークの最近の1/18スケールのミニカーはそんなコレクターの心を掴むかのようなモデルをリリースして来ました。「大きすぎるよ・・」、「場所がないよ・・」のお嘆きの方に宜しければ1台ご購入下さい。納得しますよ。

●スパーク(1/18 メーカー完成)
18S159 "Mercedes F1 W05 Hybrid No.44 Winner Abu Dhabi GP 2014 FIA F1 2014
World Champion Edition (with Flag) Lewis Hamilton" ¥21,060
18S060 Porsche 911 Carrera No.46 4th Le Mans 1973 G. van Lennep - H. Muller ¥19,980
18S118  FW 11B No.6 Japanese GP 1987 World Champion - Nelson Piquet ¥19,980
18S160 Lancia Beta Monte Carlo No.65 8th Le Mans 1981 E. Cheever - M. Alboreto - C. Facetti ¥19,980
18LM82 Porsche 956 No.1 Winner Le Mans 1982 J. Ickx - D. Bell ¥19,980
18S117  FW07B No.27 World Champion 1980 Alan Jones ¥19,980

※予約締め切りは12月20日です。


“トランスポーターの楽しみ方。”
MASE1.jpg

MASE2.jpg

MASE3.jpg

お手持ちのミニカーを皆さんはどのようにして楽しんでいますか?箱に入れたまま積んでおく(もったいない)、リストを作る、仕事の後にニヤニヤしながら眺める(これが一番楽しいかな)。色々な楽しみ方が有りますが、ご覧の様なトランスポーターに同時代のミニカーをディスプレーするのは如何でしょう。今回紹介するトランスポーターはEXOTO43のマセラティのトランポです。1950、1960年代のマシンを乗せて下さい。   \42.000+税
ル・マン クラシック ファンならお手持ちの同時代のミニカーなら何でもokです。
先日入荷した新刊「マセラティ」¥11.000を傍に置いて小ジオラマも楽しめます。

※残念ながら当店在庫に1/43スケールのマセラティ151、450が無かったので、同年代のフェラーリを2台乗せてみました。お問い合わせの上、お買い求めください。
“1/35スケール 戦車の在庫。”
88-1.jpg

sf1.jpg

t34-1.jpg

tg1.jpg

yp1.jpg

先日掲載しましたミニチャンプスの1/35のTIGER Ⅰに続き下記のモデルが有ります。
価格は各¥13.000+税 です。
TIGER Ⅰ、T34/76 CAPTURED 1943、Sd,kfz 251/1、88mm Flak 、PANZERKAPFWAGEN Ⅴ。
商品はご覧の様にスチロールの箱に入って化粧箱に入っています。
キャタビラ、砲身は可動します。ダイキャストの重量感がたまりません。

※お問い合わせの上お買い求めください。


“HIROのKIT 番外編。”
h95600.jpg

1/12 スケールのポルシェ956は42x27.5x15(H)cmの大きな箱に詰めこまれています。
説明書を見ているだけで、これは凄いモデルが出来るぞと言う期待感が湧きます。
HIROさんの話によりますと、「商品の9割が海外で販売される」との事です。
最近の円安がHIROさんの追い風になっているのが海外で多数販売される要因になっている様ですが、本当はこのKITの内容が海外で歓迎されている事は言うまでもありません。

※全部が海外に流れる前に是非お買い求めください。

“1/12スケールの超リアルモデル”
hiro956-0.jpg

hior956-1.jpg

hiro956-2.jpg

hiro956-3.jpg

モデルファクトリーの新製品1/12 ポルシェ956の2アイテムは今後もこれ程リアルなモデルはリリースされないと思います。この場所で画像の全てはご覧いただけませんが、3ショットの画像を見てもこれが最高のモデルだとお分かり頂けると思います。

●HIRO(1/12 KIT)
K459 ポルシェ 956 (Ver.A) 1983 Sarthe 24hours No.3ロスマンズ) ¥68.040
K460 ポルシェ 956 (Ver.B) 1984&85 Sarthe 24hours No.7(NEWMAN) ¥68.040

“映画 FURYを見た。”

tg1-1.jpg

tg1-3.png

ブラビ(ブラッド・ピット)のファンである我妻と映画FURYを見て来た。戦争は反対だが、この映画でシャーマンVSタイガーの一対一のリアルな戦闘場面をドキドキしながら見た。凄い迫力。戦車マニアにはたまらない映像がこれでもかこれでもかと映し出される。
以前ミニチャンプス 1/35スケールのTIGERⅠ型が在庫してあったのを思い出し箱から出してみた。このモデルも実に良く出来ている。(よくこんなの持っているよな~)
「平和が理想だが、歴史は残酷だ・・」の主人公の言葉がこの映画を救った気がした。

※ 興味がある方はお問い合わせ下さい。   \13.000+税