LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“よく聞かれる質問について・・・続編。”
baitenn2.jpg

サーキット内には多数の売店があります。これらの店をひやかすのもル・マンの楽しみです。
「Village」と言う場所に有る売店群にはAUDI,PORSCHE,BMW,GULFの一流店に交じってMINIMAX(スパーク)の売店があります。PORSCHEその他の売店では各メーカーのブランド品を販売しています(ウエアー、小物、GOODS)が眩しい。PITの反対側のスランド下には屋台、Tシャツ&キャップ&旗の店、本屋、ミニカー店が軒を並べているが、最近はビール&フーズ店が多くなってきました。以前でしたら日本に未入荷のミニカー&KIT、本があり、購入したい物もありましたが、最近は既に日本で販売された物や、売れ残った物のディスカウント品が多く、購入する価値はありません。

Villageとは違った所に陣取るスパークの売店はキャンピングカーを改造した車に同車のミニカーを展示販売していますが、日本で購入できるものばかりです。それよりこの販売用のキャンプングカーが欲しい。
1995年に入った「ストリップ小屋」が姿を消したのはかなり前の事です。そして実弾を撃たせた射撃店も無くなった。     寂しい!



スポンサーサイト
“MAKE UPの新製品”
FE019A-2.jpg

MP4.jpg

最近MAKE UPから仕入するのはほとんどル・マン絡みのミニカーです。
今回発売されるF1 マクラーレンMP4/5Bを見て驚いた。“完璧”と言う言葉以外浮かんでこない。形状、塗装、組み立て全てにパーフェクト。

発売時期は未定ですがそう遅くない時期にリリースされると思います。
ご興味をお持ちの方はお早目にご予約下さい。

◎MAKE UP(1/43 メーカー完成)
FE019Aマクラーレン MP4/5B   1990年 日本GP A.セナ ワールドチャンピオン   ¥28,080
FE019B マクラーレン MP4/5B   1990年 日本GP G.ベルガー ¥28,080

※気になる“Marllboro”のデカールはスパーク方式です。

“スパーク 特別限定品のお知らせ。”
SP054.jpg

Spark 1/43 Special Limited Item (SP) - August 2014

今回ご案内する特別限定品は、ヨーロッパを中心に開催されているGTカーの耐久シリーズ第3戦、「HANKOK 12H ZANDVOORT」で優勝を飾ったマシンです。
この耐久シリーズはドバイ24時間耐久を皮切りに、イタリア、フランス、スペイン、ハンガリー、
そしてこの「Circuit Park ZANDVOORT」のあるオランダで開催される、スーパーカーたちが繰り広げる激しい戦いで人気のシリーズです。
日本でも人気のあるマルティニカラーに彩られたSLSは、なかなか見られないのではないでしょうか?
このモデルは、通常品とは異なるスペシャルパッケージとなる予定です。(S.J談)

※ご注文締め切り日は8月10日(日)です。宜しくお願い致します。
“臨時休業のお知らせ。”
8月5日(火)、6日(水)、7日(木)の3日間連休致します。

15日近辺の旧盆は営業いたしておりますので、東京へいらっしゃる方、お盆休みの方は是非お越しください。営業時間はPM6:00頃までです。
8月12日(火)は定休日です。
“AUTO modelisme 2014 入荷。”
auto2014.jpg

auto-2014-2.jpg

2014-9.jpg

2014-7.jpg

2014-8.jpg

2014年 出場全車の詳細写真集です。  A4版 74頁   \2,400(税込)
ル・マンファンは無論の事、ミニカーのコレクター、モデラー諸氏にお勧めです。

※ 1998年~2013年(\2.500)のバックナンバーも在庫しています。
お問い合わせの上、御注文下さい。



“ル・マン 24h 優勝トロフィー。”
lmtoroto.jpg

24cup.png

mislm.jpg

TSM(1/18) ルマン 24h 優勝トロフィー  \3,780が入荷しました。
先にリリースされたAUTO artMAZDA787B におまけとして入っていた同トロフィーとは比べ物にならないほどの出来の良さです。お手持ちの1/18スケール ル・マン優勝車の傍に飾って下さい。モデルが一段と輝いて見えます。

実物はル・マンレース前のパレードの時や、決勝戦当日にファンの方にご披露しています。
ついでにミス・ル・マンの画像も掲載しました。

“スタート前のPIT。”
lmno24.jpg

コントロールタワーのすぐ下のゲートが開き、No.24 ORECA-NISSANがPITクルーとキャンギャルに押されてコースに入って来た画像です。ROLEXの看板がある2階の部屋はチーム関係者の特別席(この部屋はめったなことでは入れないが、僕は一度だけズルをしては行った事がある。)その上の3階はプレスルーム(ここにはすべてのチームの資料が備えられ、通信網が完備されていて、記者はここからメールと画像を駆使して各国に情報を送信できる。J.Cボーディアの計らいで2度入った。)      今から始まるレースの緊張感が伝わってくる。

僕が何時も用意して貰っている席はPITの上のスタンド34(ACOメンバーでないと購入できません。)です。2階、3階、そしてその上の階から見る風景とここから見る風景とは異次元の物を体感した。

“当店のACO担当者。”
acosop.jpg

前にPIT WALKチケットの件でお話ししましたが、当店にはACOの担当者が居ます。
コンティです。モニカさんから引きついて3年になります。フランス人にしては真面目(?)な人です。だから僕に紹介したとモニカさんは言っていました。面白いですよ、フランス人は自分の仕事はやりますが、一度自分の手から離れた物にはまるで関心が無いし、責任も持ちません。日本人だったら「追跡捜査しますから、しばしお待ちを・・・」とは行きません。これが良い様に転ぶ時もありますが稀です。何年前だったかモニカさんに「まだプログラムが届いていない、顧客が待って居るから、調べて連絡してよ・・・」と電話で言ったら「私は送った、だから私には分らない」の一点張りです。「何言ってんだよ、3週間も前に送ったと言ったじゃない・・」と僕は初めて電話で喧嘩した、これも今となっては良い思い出か。

今年のル・マンGOODSを選び彼女に註文する時、僕だったらほかの人が前に居れば、遠慮してその人が終わるのを待ちますが、コンティは何人カウンターの前で待って居ても僕の注文を最優先します。それに対してほかの人は何も言わずに待って居ます。本当に不思議な国です。でもフランス人にして見ればそれが常識で日本が非常識と言う事になります。

ル・マンには自販機がありません。喉が渇けばスーパーで温まって居る物を買うか、キオスクで冷たい物を買うか、レストランに入るしかありません。人間の手を煩わせないとジュースも買えません。西瓜の温まった物を買う勇気はありません。冷たい物を食べたかったら、自宅に持ち帰り一度冷やして食べるしかありません、日本のスーパーの様に冷えた西瓜を切って売る事はありません。でもこれが雇用に結ぶとあって自販機は無いようです。無論サーキットにも自販機は有りません。サーキットでビールを横目に見ながらやり過ごす忍耐力も僕にはありません。

※バックのACO GOODSは全てフジヤで取り扱えます。
詳細はお問い合わせください。

“声(恋)患い・・・。”
連日連夜の暑さで寝る前にタイマーをセットせずに扇風機を掛けて眠った。
てきめん。次の日節々が痛み、体温計も温度計につられて熱が出て、体がだるく声が出ない。
常用している薬を服用したが、反応が無い。したかなく早く寝て午前中グズグズしてから、店に出た。  と言う訳で本日は電話に出られません。

独身時代僕は恋患いをしたことがある。運転している時に信号と言う信号が全て“緑”に見え、車が浮いて走っていた経験がある。今なら「脱法ハーブ」(本当は不法)の嫌疑がかかりそうだ。

ゴロ合わせではないが声患いが何時しか恋患い転化してあの日の頃を思い出した。良い時を過ごしたと今でも思っている。
“AUTO modelisme 2014 写真集、間もなく入荷。“
am98.jpg

am98-3.jpg

am98-2.jpg

am98-4.jpg

創刊は1998年。折しもポルシェ911 GT1,NISSAN R390 GT1、TOYOTA GT-Oneの揃い踏みの年でした。これらのマシンの詳細が見えるとあって、この雑誌は大好評の内に船出しました。
以来2013年までの16年間ル・マン関連資料としてゆるぎない位置をキープしています。
模型作りの資料として、ミニカー コレクションの手引きとして最適です。

※当店では1998年からのバックナンバー全てを揃えています。
1998年~2013年  \2.500(税込)


“よく聞かれる質問について・・・。”
「ル・マンに行くには何日ぐらい必要ですか?費用は幾らぐらい必要ですか・・?」に集約されます。そんな時僕は「最低でも5日、費用はそうですね30万です・・・」とお答えします。

飛行機の往復でどうしても2日は必要です。土曜日、日曜日の決勝日と前日(金曜日)のパイロットパレードは外せませんので3日、合計で5日です。  車検(日曜日、月曜日)を見るのでしたらどうしても1週間は必要になります。そして費用ですがパリ・ドゴール空港に集合してル・マン ツアーに参加する手もありますが、初めてでしたら日本からのツアーが安心で便利です。宿泊、食事、チケットの手配は慣れてくれば自身で出来ますが、最初は戸惑いますし、要領がつかめません。その合計金額は約40~45万円です。
一度は行って見たいとお思いの方は一年発起で準備しては如何でしょう。  続く。
“PITで会った人々 その3”
kyannga.jpg

キャンギャルの走りが何時からだったかは分りませんが、「ハワイアントロピカル ギャル」が有名です。1991年のチャージMAZDA 「レナウン ガール」も有名です。サーキット」にはギャルが似合います。最近では中国マネーに伴い、今年は「タイワン ガール」がPITを飾っていました。勿論僕は彼女達にカメラを向けました。PITレーンを何度もリハーサルした画像は何処かのTVで放映したと思います。これもPIT WALKの楽しみです。

※2014年スパーク ル・マン車注文締切は本日です。 お忘れなく!!


“PITで会った人々 その2”
moro.jpg

ル・マンミニチュアーのオーナーB.モロとPITで会った。「Do you know me ?」に「No!」と言った次の瞬間笑顔で僕の肩を抱きしめた。彼とは毎年の様にル・マンで会っている。パイロットパレードではボランティアーとして会場を取り仕切っている。ファンソアもそうだがル・マン人たちは何かの形でACOと関わりを持っている。
僕が彼と最初に会ったのは1995年のル・マンだった。JTBのツアーでル・マンへ行き、出国前に電話番号を調べて置き、ホテルからル・マンミニチュア社に電話を入れる時ドキドキしたのを思い出す。PM10:00にミュージアム前で会う約束をした。今思うと良く電話をしたな~とあきれ返る。それに対して彼も良く会いに来たなと今でも不思議に思う事がある。初めての海外での電話しかもホテルから電話を借りての電話だったから本当に良い度胸をしていたなと思う。

今だから話せるが僕は日本から沢山ル・マンに日本のGOODSを持ち込んだ。出来れば売店の人に売りたい。そして何かル・マンのGOODSを買いたいと思っての事だ。いわばトレードです。
何のコネクションも無く、しかもフランス語も出来ないのに唐突に露店の人達と会話が出来るはずはない。無鉄砲も良い所、若かったんだな~。何軒か売店の前を行ったり来たりしたが埒が明かない。当たり前です。

  持ち込んだGOODSをこのまま持ち帰ろうと思ったが、それならこれを全部ル・マンミニチュアにプレゼントしようと思い、それを持ってミュージアムの前でB.モロを待った。
約束の時間に彼は来て、一通り同社の営業説明とパンフレットを僕に渡したので、僕は沢山のGOODSを全て彼に渡した。
その数の多さに彼は驚いたと思う。帰りしなに明日「ここへ来てくれ・・・」と言って別れた。

翌日彼が僕に渡してくれたのは“ル・マンのマーシャルが着た「DUNLOP」の服だった。これを貰う時僕は「REALLY・・・」と言ったのを20年も前の事を今でもはっきり覚えている。これはフジヤの宝物です。
8日までのル・マン車人気ランキング。”
919-10.jpg

スパークの2014年ル・マン車の注文がぞくぞく届いています。
8日までに注文を頂きましたモデルの“ベスト8”をお知らせします。
まだ注文をしていない方は13日までにご発注を。
「フジヤ特製のおまけが待って居ますよ・・・・。」

①S4209 "Porsche 919 Hybrid No.20 Le Mans 2014 Porsche Team
②S4202 "Toyota TS 040 - Hybrid No.7 Le Mans 2014 Toyota Racing
③43LM14 "Audi R18 e-tron quattro No.2 Winner Le Mans 2014 Audi Sport Team
④S4227 "Chevrolet Corvette - C7 No.73 2nd LMGTE Pro Le Mans 2014 Corvette Racing
⑤~⑧    同点を獲得したアイテム
S4231 "Aston Martin Vantage V8 No.97 Le Mans 2014 Aston Martin Racing
S4229 "Porsche 911 RSR (991) No.91 Le Mans 2014 Porsche Team Manthey
S4206 "Rebellion R-One - Toyota No.12 4th Le Mans 2014 Rebellion Racing
S4216 "Ligier JS P2 - Nissan No.35 9th Le Mans 2014 OAK Racing

※①と②は絶対に外せません。
“PITで会った人々 その1”
toyotapit1.jpg

toyotaoit2.jpg

各チームの関係者は無論の事、ジオラマ作りの参考に、次回のKITの資料にといろんな人がPITに来ている。ル・マンミニチュアのB.モロ、クロノ43のJ.C ボーディア、そしてスポーツ・ジャナリストのN氏と彩々だ。身近で見られるマシンはそれ自体最高の資料だ。
何度もPIT作業を繰り返すチームは本番その物。迫力と緊張感が伝わってくる。3位に入ったTOYOTA TS040のピットにしばし見とれた。
                         続く
“僕のモニュメントとマダム達。”
iks.jpg

前にもお話しいたしましたが、ル・マンの中心部にある往年の優勝ドライバーたちの「手形、足形」モニュメントの一角にJ.イクスのそれがあります。その右上に僕のがスポンサー下小さなモニュメントがあります。
それはル・マン市長さんが経営するb食品店とレストランを兼ねた店の前にあります。
先日のル・マンで撮影したマダム達に一緒に撮った画像とコメントを送った返礼が届きました。
「今度貴方が来るまで良く磨いておきます・・・」って。

ル・マンへ行く用がある方は僕のモニュメントも見て下さい。
“Porsche 904。”
12904-1.jpg

12904-3.jpg

本日入荷したスパーク1/12スケールのポルシェ904はヒョットすると走るかな?と思わせる出来栄えです。ミニカーと言うより一つの“オブジェ”と言った方が当たっている気がします。ボディーは艶消しのシルバー、内装も忠実に出来ていて見飽きません。一鞍写真の技術が発達しても実物には敵いません。宜しければご来店の上ご鑑賞ください。  \39,996

予約を頂いたY氏に「仕事の時間も顧みず、電話をしてしまいました・・」と僕は興奮して話してしまいました。(1/43スケールのそれと比較しました。)
“今年のル・マン車No.1人気・・・。”
919-1.jpg

ヒョット出てきていきなり優勝できるほどル・マンは甘くありません。
上位入賞は叶いませんでしたが、会場内で話題、人気を独占したのがポルシェ919です。ボディースタイルもさることながらあのボディーデザインは強烈な印象です。あのデザインを皆さんはどのように感じましたか?  答えは919を真上から見れば分かります。   回答は次回に。

このモデルはスパークの(S4209) PORSCHE 919 LM No.20としてリリースされます。

※ ご検討の上、お早目にご注文下さい。
“2014年 ル・マン車発売のお知らせ。 その4”
s4230.jpg

s4207.jpg

s4237.jpg

s4206.jpg




“2014年 ル・マン車発売のお知らせ。 その3”
s4208.jpg

s4229.jpg

s4209.jpg

43lm14.jpg

s4202.jpg

s4203.jpg





“2014年 ル・マン車発売のお知らせ。 その2”
s4227.jpg

s4232.jpg

s4204.jpg

s4205.jpg

s4203.jpg






“2014年 ル・マン車発売のお知らせ。 その1”
s4228.jpg

s4214.jpg

s4217.jpg

s4216.jpg

s4223.jpg

スパークから2014年のル・マン車39台のリリースが発表になりました。発売時期は9月が6台、10月が2台、11月が6台、12月が8台、来年の1月に10台、そして3月に7台の合計39台です。

でも皆さん心配はいりません。超人気アイテムのポルシェ919、TOYOTA TS040は今年の12月と来年の1月です。スパークも日本のボーナスシーズンを狙って発売するかの様です。

発売予定のアイテムを全て掲載いたします。
注文締切を7月14日までとスパークは言っていますので、◎の商品はお忘れなくご注文下さい。

〇、 ◎印以外のミニカーの生写真もあります。。

【特典として】
① ご注文頂きましたミニカーのル・マン PITWALKでの生写真をサービスします。
② 3台以上ご注文の方にACO公認 ル・マン2014年「ステッカー」をサービスします。
③ 5台以上ご注文の方にはACO公認2014「ポスター」をサービスします。

※画像は当店HP「マスターブログ」に掲載いたしました。
掲載していないマシンの画像をご希望の方はお申し出ください。

             2014年ル・マン車 リスト

●スパーク(1/43 メーカー完成)
〇S4228 "Chevrolet Corvette - C7 No.74 Le Mans 2014 Corvette Racing
O.Gavin - T. Milner - R. Westbrook" \7,128 9月
S4219 "Zytek Z11SN - Nissan No.38 Winner LMP2 5th Le Mans 2014 Jota Sport
S. Dolan - H. Tincknell - O. Turvey" \7,128 9月
〇S4214 "Ligier JS P2 - HPD No.33 Le Mans 2014 OAK Racing - Team Asia
D. Cheng - H.P. Tung - A. Fong" \7,128 9月
S4213 "Morgan - Nissan No.29 Le Mans 2014 Pegasus Racing
J. Schell - N. Leutwiler - L. Roussel" \7,128 9月
S4210 "Oreca 03R - Nissan No.24 8th Le Mans 2014 Sebastien Loeb Racing
R. Rast - J. Charouz - V. Capillaire" \7,128 9月
S4231 "Aston Martin Vantage V8 No.97 Le Mans 2014 Aston Martin Racing
D. Turner - S. Mucke - B. Senna" \7,128 9月
S4211 "Morgan - Nissan No.26 Le Mans 2014 G-Drive Racing
R. Rusinov - O. Pla - J. Canal" \7,128 10月
〇S4217 "Alpine A450b - Nissan No.36 3rd LMP2 7th Le Mans 2014 Signatech Alpine
P.L. Chatin - N. Panciatici - O. Webb" \7,128 10月
S4212 "Oreca 03R - Nissan No.27 Le Mans 2014 SMP Racing
S. Zlobin - M. Salo - A. Ladygin" \7,128 11月
〇S4216 "Ligier JS P2 - Nissan No.35 9th Le Mans 2014 OAK Racing
A. Brundle - J. Mardenborough - M. Shulzhitskiy" \7,128 11月
〇S4223 "Ligier JS P2 - Nissan No.46 6th & 2nd LMP2 Le Mans 2014 Thiriet By TDS Racing
P. Thiriet - L. Badey - T. Gommendy"\7,128 11月
 S4226 "Morgan - Judd No.50 Le Mans 2014 Larbre Competition
P. Ragues - R. Taylor - K. Ihara" \7,128 11月
〇S4227 "Chevrolet Corvette - C7 No.73 2nd LMGTE Pro Le Mans 2014 Corvette Racing
J. Magnussen - A. Garcia - J. Taylor" \7,128 11月
〇S4232 "Porsche 911 GT3 RSR (997) No.67 Le Mans 2014 IMSA Performance Matmut
E. Maris - J.M. Merlin - E. Helary" \7,128 11月
◎S4208 "Porsche 919 Hybrid No.14 Le Mans 2014 Porsche Team
R. Dumas - N. Jani - M. Lieb" \7,128 12月
〇S4204 "Audi R18 e-tron quattro No.1 2nd Le Mans 2014 Audi Sport Team Joest
L. Di Grassi - M. Gene - T. Kristensen" \7,128 12月
〇S4205 "Audi R18 e-tron quattro No.3 Le Mans 2014 Audi Sport Team Joest
F. Albuquerque -M. Bonanomi - O. Jarvis" \7,128 12月
 S4220 "Zytek Z11SN - Nissan No.41 Le Mans 2014 Greaves Motorsport
M. Munemann - A. Latif - J. Winslow" \7,128 12月
◎S4229 "Porsche 911 RSR (991) No.91 Le Mans 2014 Porsche Team Manthey
P. Pilet - J. Bergmeister - N. Tandy" \7,128 12月
 S4233 "Porsche 911 GT3 RSR (997) No.75 Le Mans 2014 Prospeed Competition
F. Perrodo - E. Collard - M. Palttala" \7,128 12月
 S4235 "Porsche 911 RSR (991) No.77 Le Mans 2014 Dempsey Racing - Proton
P. Dempsey - J. Foster - P. Long" \7,128 12月
 S4238 "Aston Martin Vantage V8 No.95 Winner LMGTE Am Le Mans 2014
Aston Martin Racing K. Poulsen - D.H. Hansson - N. Thiim" \7,128 12月
◎S4209 "Porsche 919 Hybrid No.20 Le Mans 2014 Porsche Team
T. Bernhard - M. Webber - B. Hartley" \7,128 2015年1月
◎43LM14 "Audi R18 e-tron quattro No.2 Winner Le Mans 2014 Audi Sport Team Joest
M. Fassler - A. Lotterer - B. Treluyer" \7,452 1月
◎S4202 "Toyota TS 040 - Hybrid No.7 Le Mans 2014 Toyota Racing
A. Wurz - S. Sarrazin -K. Nakajima" \7,128 1月
◎S4203 "Toyota TS 040 - Hybrid No.8 3rd Le Mans 2014 Toyota Racing
A. Davidson - N. Lapierre - S. Buemi" \7,128 1月
 S4224 "Oreca 03R - Nissan No.47 Le Mans 2014 KCMG
M. Howson - R. Bradley - A. Imperatori" \7,128 1月
 S4225 "Oreca 03R - Nissan No.48 Le Mans 2014 Murphy Prototypes
N. Berthon - R. Gonzalez - K. Chandhok" \7,128 1月
〇S4230 "Porsche 911 RSR (991) No.92 3rd LMGTE Pro Le Mans 2014
Porsche Team Manthey M. Holzer - F. Makowiecki - R. Lietz" \7,128 1月
 S4234 "Porsche 911 GT3 RSR (997) No.76 Le Mans 2014 IMSA Performance Matmut
R. Narac - N. Armindo - D. Hallyday" \7,128 1月
 S4239 "Aston Martin Vantage V8 No.98 Le Mans 2014 Aston Martin Racing
P.D. Lana - P. Lamy - C. Nygaard" \7,128 1月
 S4215 "Oreca 03R - Judd No.34 Le Mans 2014 Race Performance
M. Frey - F. Mailleux - J. Lancaster" \7,128 1月
〇S4207 "Rebellion R-One - Toyota No.13 Le Mans 2014 Rebellion Racing
D. Kraihamer - A. Belicchi - F. Leimer" \7,128 3月
 S4218 "Oreca 03R - Nissan No.37 Le Mans 2014 SMP Racing
K. Ladygin - N. Minassian - M. Mediani" \7,128 3月
 S4221 "Zytek Z11SN - Nissan No.42 Le Mans 2014 Caterham Racing
T. K.Smith - M. McMurry - C. Dyson" \7,128 3月
 S4222 "Morgan - Judd No.43 10th Le Mans 2014 Newblood By Morand Racing
C. Klien - G. Hirsch - R. Brandela" \7,128 3月
 S4236 "Porsche 911 GT3 RSR (997) No.79 Le Mans 2014 Prospeed Competition
C. MacNeil - B. Curtis - J. Bleekemolen" \7,128 3月
〇S4237 "Porsche 911 RSR (991) No.88 2nd LMGTE Am Le Mans 2014 Proton Competition
C. Ried - K. Bachler - K. Al Qubaisi" \7,128 3月
S4206 "Rebellion R-One - Toyota No.12 4th Le Mans 2014 Rebellion Racing
N. Prost - N. Heidfeld - M. Beche" \7,128 2015年3月




“ル・マンのレポートをしている暇がありません。”
ご案内の様にスパークの新製品情報は大洪水の様です。
「ル・マン レポート」のブログを更新しようと思った瞬間にスパークの情報が入ってきます。しかも完全に無視できないアイテムばかりです。困った。
そして本日はル・マン車リリースのお知らせです。
“Sparkの新シリーズ「パイクス・ピーク オフィシャルコレクション」の件で。”
(ご注意)
43PP94 Toyota Celica Super Sport Turbo Winner 1994 Rod Millen ¥7,452
43PP10 Suzuki SX4 Winner 2010 Nobuhiro Tajima ¥7,452
上記の2台は以前ビザールから下記の商品としてご注文を頂きましたが、
一度キャンセルさせて頂き、改めてご注文下さい。価格は\7.200(税抜)から\6.900(税抜)に値下げされました。
●以前ご注文頂きました方は恐れ入りますが、ご一報ください。

B1015 Toyota Celica No.2 Winner Pikes Peak 1993  Rob Millen 7,200円(税抜)
B1035 Suzuki SX4 Winner Pikes Peak 2010 Nobuhiro Tajima 7,200円(税抜)
“スパークの新シリーズ 登場。  その2”
pp002.jpg

43pp69.jpg

pp003.jpg

43pp88.jpg

皆様のご注文をお待ちしています。
“スパークの新シリーズ 登場。”
ppiho.jpg

43pp94.jpg

43pp10.jpg

43pp13.jpg

pp001.jpg

Sparkの新シリーズ「パイクス・ピーク オフィシャルコレクション」!
ロッキー山脈の東に位置する山、パイクスピーク。
この山を舞台にして標高2862mの地点から4301mの頂上までの19.99kmを
一気に駆け上がるのが「パイクス・ピーク・インターナショナル・ヒルクライム」です。
標高差1439m、平均勾配7%、156のコーナーという非常に厳しい条件のもと、
このレース専用に製作されたマシンがガードレールもない一般道を豪快に走っていくさまは
まさにスリリングかつエキサイティングなレースと言えるでしょう。
今回MINIMAXでは、このパイクス・ピークのマシンをシリーズ化。
過去から現在に至るまでの名車たちをモデルカーで再現します。
パイクス・ピークならではの迫力あるフォルムをお楽しみください!(スパーク談)

43PP94 Toyota Celica Super Sport Turbo Winner 1994 Rod Millen ¥7,452
43PP10 Suzuki SX4 Winner 2010 Nobuhiro Tajima ¥7,452
43PP13 Peugeot 208 T16 Winner 2013(with Driver's figure) Sebastien Loeb ¥7,452
PP001 Porsche 997 GT3R 2012 (with Driver's figure) Romain Dumas ¥7,452
PP002 Norma M20FC PP 2013 (with Driver's figure) Romain Dumas ¥7,452
43PP69 Ford Torino Winner 1969 Bobby Unser ¥7,452
PP003 Lotus 23 1964 Bobby Unser ¥7,452
43PP88 Peugeot 405 T16 Winner 1988 ¥7,452

続く。



“帰国後 一日完全休養・・・。”
6月19日(木)に帰国して、20日(金)の午後から働きました。「当たり前だ、10日間も遊んできたんだから・・・」とでも言いたいような息子の視線(仕事でLe Mansへ行ってきたのに・・・)。
溜まっていた仕事が終わりませ~ん。

昨日(休業日)は完全休養と思い、朝から行動開始。最初に地元の神社に1日詣で(おふくろからの引き継ぎ。)日頃付き合ってもらっている宮司さんのあまりに強い「日本の自衛権、日本人論」の話に「こう言う考え方もあるんだな~」と日頃の付き合いが急に遠い気持ちになった。

そして久しぶりにテニススクールに移動。仲間にル・マンから葉書を送っていたので、「ボンジュール、ムッシュ&マダム」と言って仲間入り。1時間半みっちり。

スクール後ラーメン・チェンで生ビール。これがきいた。帰りのバスでうとうと。いつもだったらこれからどっかへ移動。だが今日は気が進まない。帰宅して軽く寝るつもりが起きられない。寝ても寝てもまだ眠い。そして今朝5時に起きたら体が軽い。スッキリした。これが僕の完全休業。

これからモデルカーズヘ行って編集長とル・マン レポートの打ち合わせ。今週もはじまった。

“スパークの日本向けミニカー。”
sj021.jpg

sj021-2.jpg

sj022.jpg

sj022-2.jpg

1982年10月に開催されたWEC in JAPAN 冨士6時間耐久レースに登場したランチャ LC1 No.51(M アルボレート)が発売になります。同時にMarch 85 Nissan Test 1985も発売されます。マニアックですね。(10月発売予定)
ご興味をお持ちの方はご注文下さい。

※同時に下記のミニカーもリリースされます。
ご興味ある画像をご希望の方はお申し出ください。

●スパーク/海外版(1/43 メーカー完成)
SJ021 Lancia LC1 No.51 Fuji 6H 1982 M. Alboreto - P. Ghinzani ¥7,452
SJ022 March 85 G Nissan Test 1985 ¥7,452
SA059 Porsche 911 GT3 No.5 "TINTIN" PCCA 2014 Yuey Tan ¥7,452
SF072 Porsche Cup No.99 2013 K. Estre ¥7,452
SF073 Porsche Cup No.88 2013 H. Hassid ¥7,452
SF071 Porsche Dakar Test 1984 Jacky Ickx ¥7,452
SF069 Porsche 997 GT3 Cup No.24 Champion Class B 2010 H. Hassid ¥7,452
SG042 2002 Gr.5 Turbo No.7 Zolder 1977 H. Ertl ¥7,452