LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“ホビーはマイペースで・・・。”
ル・マンまでの時間を僕は新作(1/43スケール ジオラマ)の制作を棚上げして、旧作の物を手直ししています。以前気にならなかった箇所が時間の経過で「今回はここも直そう、改造しよう・・」となります。ほほっておいた時間が考える時間に変わる事もあります。
そして以前より多少は技術も上手くなっている(?)のですからほっぽりかしていた時間は無駄ではないと思いました。

全てのホビーがそうとは限りませんが、無理して作ったり、塗装しても良い事はありません。
コレクションも同じ気がします。欲しい物は沢山あるし、さりとて財布には限界があるし、「今回購入出来なくても次回があるさ・・」の気の長い心で良いんじゃないのかな。
ともかく“ホビーはマイペースで気長に・・・”が基本だと思います。
でも「買ってください~」じゃ洒落になりませんネ。

今朝メールを開いたらファターさんからの伝言で、ファンソアさんから「サーキットから帰って来たときに軽食を用意して置く?」とのメールが入っていました。僕は「帰りは店が閉まっているし、レストランで一人で食事をするのも寂しいから、お願いします。」を返信しました。ファターさんの優しさと
僕は愛されているんだな~と感じました。(自惚れ)

スポンサーサイト
“RED LINEのお話と在庫。”
redline2.jpg

redline1.jpg

MINI MAXの3つのブランド(スパーク、ビザール)の中にRDE LINEがありました。
出来は最高、価格はBBRの半額と言うスーパーアイテムです。
「ありました・・・。」と過去形にしたのは最近RLとして商品をリリースされていないからです。確認はしていませんがフェラーリの版権が取れないのが主な原因と思います。(次回ウーゴ氏に会ったら聞いてみたいと思います。)

当店のRLの在庫を掲載いたします。ご要望の物がありましたらご連絡ください。
売価は発売当時のままです。 消費税はサービスいたします。
 いづれも各アイテム1点限りです。
◎画像はRL117のフェラーリ250GTO No.58 LM1962 です。

※恐れ入りますがお問い合わせは電話だけでお願い致します。    03-3960-2829

●RED LINE(1/43 メーカー完成)
KBR003 フェラーリ F2008  2008年日本GP K.ライコネン ¥13,000
KBR004 フェラーリ F2008  2008年日本GP F.マッサ  ¥13,000
RL079 フェラーリ 365 GTB/4 1972年ル・マン24時間7位 No.34 ¥13,000
RL084 フェラーリ 365 GTB/4 1972年ル・マン24時間 No.37 ¥13,000
RL087 フェラーリ 365 GTB/4 1973年ル・マン24時間 No40  ¥13,000
RL117 フェラーリ 250 GTO No.58 1962年ル・マン24時間 N.バッカレラ/G.スカラッティ ¥13,000
RL119 フェラーリ 250 GTO No.20 1962年ル・マン24時間 I.アイルランド/M.グレゴリー ¥13,000
RL121 フェラーリ250GTO No.22 1962年 ル・マン 3位 ¥13,000
RL129 フェラーリ 250 GTO No.23 1962年ル・マン24時間 E.タバノ/A.シモン ¥13,000
RL129 フェラーリ 250 GTO No.23 1962年ル・マン24時間 E.タバノ/A.シモン ¥13,000
RL136 フェラーリ F430 GTC 2007年ル・マン24時間 No.83 ¥13,000
RL157 フェラーリ 330 P3 1966年ル・マン24時間 No.21 ¥13,000
RL163 フェラーリ B3 1974年 ドイツGP 優勝車 C.レガゾーニ No.11 ¥13,002
RL164 フェラーリ 250エクスペリメンタル 1962年ル・マン24時間 No.17 ¥13,000
RL172 フェラーリ F430GT 2008年ル・マン24時間LMGTクラス2位 No.97 ¥13,000
RL179 フェラーリ F2008 スペインGP優勝 No.2 ¥13,000

“2週間後の僕。”
ndw.jpg

NISSAN(ワークス)が来年ル・マンに出場すれと言うニュースは既に世界中のモータースポーツファンに伝わっています。毎年NISSANは多数のチームにエンジンを供給して来ましたので、Le Mansサーキットでは広いスペースを使ってモータースポーツ関連のロビー活動はして来ました。ですがワークスはと言いますと、1998年以来出場していませんので、センセイショナルな話題として取り上げられたのだと思います。これから各メディアでNISSANの詳細が逐次紹介されると思いますので楽しみです。

さてと、後2週間後に僕は出発します。その前に今年のプログラム、ポスター、ステッカー、Tシャツの手配をしました。ACOのフジヤ担当のM.コンティは「それらの物を出来るだけ早く送る・・・」とコメントして来ました。ル・マン当日6月14,15日地上波では見られませんが、ネットを通じてAUDIO TVが24時間放映していますので、プログラムを傍に置きル・マン観戦が楽しめます。
ご希望の方は当店衣連絡して下さい。(価格、送料の詳細はまだですが、連年と同じプログラム\2,000+送料\250になると思います。)

今年のACO公認プログラムの特集は間違いなく「ポルシェ」です。久々のワークでの出場とあってACOもかなりの力の入れようと聞いています。サーキット内でも色々な歴代ポルシェが展示される事でしょう。      
既にLMP1のポルシェや限定品のミニカー(スパーク)も準備していると思いますので、サーキットのスパークの売店にあれば持ち帰ろうと思っています。(でもあまり期待してミニカーが無いとがっかりですが・・・。)

別枠で出場するNISSANデルタウイングの最新画像が届いています。こちらもミニカーがリリースされるでしょうからわくわくします。     続く。


“スパークの発売時期について・・。   その2”
s3816.jpg

s3124.jpg

s1595.jpg

s1795.jpg

s4171.jpg

s1886.jpg

s2146.jpg

s4199.jpg

s4124.jpg

s1397.jpg

s3480.jpg

※6月3日までにご検討の上、御注文下さい。



“スパークの発売時期について・・。   その1”
s3135.jpg

s3887.jpg

s3871.jpg

s3934.jpg

s2726.jpg

s4000.png

またまたスパークの新製品のお知らせです。
毎月多数のモデルリリースをしているスパークです。「全て欲しい・・・」はお客さんも当店も同じです。しかし財布には限界がありますのでお客さんの要望を中心に〇印をつけています。ですがそれ以外のミニカーを販売しないと言う事ではありません。
ご要望のミニカーがありましたご注文下さい。(それなら〇印なんかつけるなよ・・のツッコミも聞こえそうな気もしますが、そこがフジヤの「大きなお世話」とご理解ください。)

そこで今回から発売時期も掲載いたします。お互い無理のないミニカーコレクションを楽しみましょう。(これも大きなお世話かな~)

※6月3日までにご検討の上、御注文下さい。

●スパーク(1/43 メーカー完成)
〇S3135 McLaren M7C No.27 US GP 1970 Jo Bonnier \7,128 6月
〇S3887 Alfa Romeo 8C No.6 Le Mans 1934 E. Howe - T. Rose Richards \7,128 7月
 S4198 Porsche 918 Spyder 2013 Yellow \6,804 7月
 S4186 Porsche 991 GT3 Cup Supercup Champion 2013 Nicki Thiim \7,128 7月
〇S1395 Triumph TR3 S No.25 Le Mans 1959 P. Jopp - R. Stoop \7,128 7月
〇S3871 Alfa Romeo 184T No.22 3rd Italian GP 1984 Riccardo Patrese \7,128 7月
〇S4110 Minardi M189 No.23 5th British GP 1989 Pierluigi Martini \7,128 7月
 S1867 Porsche 718 No.6 Monaco GP 1961 Hans Herrmann \7,128 7月
 S3442 Porsche 904-6 No.32 4th Le Mans 1965 H. Linge - P. Nocker \7,128 7月
〇S3934 Copersucar FD01 No.30 Argentina GP 1975 Wilson Fittipaldi \7,128 7月
〇S2726 Delahaye 145 No.2 Le Mans 1938 G. Comotti - A. Divo \7,128 7月
〇S4000 Surtees TS14 No.7 Italian GP 1972 John Surtees \7,128 7月
 S4175 "Porsche Carrera RSR No.50 Le Mans 1994
P. Yver - J-L Chereau - J. Leconte" \7,128 7月
〇S3816 Bentley Corniche Paulin No.6 6th Le Mans 1949 "Soltan" Hay - T. Wisdom \7,128 7月
 S2159 Aston Martin Vantage Volante Zagato chassis No.36 1987 \6,804 8月
〇S3124 McLaren M5A BRM No.3 6th Italian GP 1968 Jo Bonnier \7,128 8月
〇S1595 Matra MS5 No.2 Monaco GP 1967 Johnny Servoz-Gavin \7,128 8月
 S3399 Porsche Carrera RSR No.46 Le Mans 1974 G. Rojas - H. Rebaque \7,128 8月
〇S1795 Ligier JS21 No.25 Long Beach GP 1983 Jean-Pierre Jarier \7,128 8月
〇S4171 Porsche 956 No.26 2nd Le Mans 1984 J. Rondeau - P. Henn - J. Paul Jr. \7,128 8月
〇S1886 Tyrrell 010 No.4 South African GP 1981 Desire Wilson \7,128 8月
〇S2146 Lotus 69 F2 No.3 Castellet 1970 Graham Hill \7,128 8月
 S4192 Volkswagen Golf VII R White 2013 White \6,804 8月
 S4199 Porsche 918 Spyder Weissach 2013 \6,804 8月
 S1069 Mercedes G63 6x6 AMG 2013 White \9,180 8月
 S1370 Porsche 356 Carrera 2 Silver \6,804 8月
〇S4124 Austin Healey Sprite No.201 14th Monte Carlo Rally 1959 J. Sprinzel - W. Cave \7,128 8月
 S2722 Delage D8-120 Figoni & Falaschi 1939 \7,452 8月
 S2611 Chevrolet Camaro Z28 Road Version 1969 \7,452 8月
 S4137 MG B Roadster 1962 \6,804 8月
 S2922 Cadillac Series 61 Convertible 1950 Black \7,452 8月
〇S1397 Triumph TR3 S No.27 Le Mans 1959 N. Sanderson - C. Dubois \7,128 8月
〇S3480 Porsche 907 No.66 2nd Le Mans 1968 D. Spoerry - R. Steinemann \7,128 8月
 S1070 Mercedes G63 6x6 AMG 2013 \9,180 8月
 S2723 Bugatti T57 SC Atalanta 1937 \7,452 9月




“スパークの日本企画製品について・・・。”
SJM.jpg

スパーク・ジャパン(SJ)は先の静岡ホビーショーで日本企画のミニカーを準備している事を発表しました。  価格、販売時期は未定ですので、情報入手次第ご連絡いたします。

待ち遠しいです。皆さんの要望がSJを動かしたと思います。貴方はどれを一番に挙げますか?
これ以外のモデルで「リリースして欲しい物がありましたら、お知らせください。SJに伝えます。


“臨時休業のお知らせ。”
5月24日(土)は臨時休業致します。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

“誠実なスパーク・ジャパン(S・J)。”
sg110[1]

表記ミスがあったと下記のコメントがS・Jから届きました。
スパーク(MINI MAX者)には別ブランドに、ビザールとREDLINEがありREDLINEからフェラーリのモデルが発売されていました。何年か前からRED LINEでのフェラーリ車がリリースされなくなりました。(版権の事で何か有ったのでしょう・・・)。
当ブログで先日お話ししたスパークSG110について先日ホビーショーでS/JのY氏にお聞きした時にY氏からお話を頂いた事が下記のコメントでした。
フジヤに限らず他店からも同じような質問が有ったと思います。それに対してBCCで送られてきたのがこのコメントです。

僕はS・Jの誠実さを感じました。“たかがミニカー されどミニカー”
以前注文を頂きました方で、キャンセルをご希望の方はフジヤ(マスター)までご連絡ください。

※スパークが作る330P4は流石に他社の物とは“一味も二味も違う”証明をもらった気がします。


(S・J談)
表題の件、2014SJP-018の中でご案内・予約注文をいただいた
「SG110 Ferrari P4/5 Competizione No.1 24h Nurburgring 2012 F. Giovanardi - N. Larini - M. Lauck」
ですが、このクルマはフェラーリ社の市販車ではなく、ワンオフプロジェクトのクルマとなるため、
商品の正式名称は「P4/5 Competizione No.1 24h Nurburgring 2012 F. Giovanardi - N. Larini - M. Lauck」
となり、台座や品名表示はすべて上記のとおりとなります。

“スパークのフィギュアー。”
s1833.jpg

先日の艦コレの写真(2人の女の子と+僕)を掲載したことを悔やんでいます。
深読みするわけではありませんが、戦車、艦船のプラモデルを使って軟な青少年をあおって戦争を好きにさせようと言う右に偏り始めた政権の片棒を担いでいる様な気がしてしょうがないんです。そんな事を言ったら模型屋は成立しないのは分かっています。(ここまで行くと誇大妄想ですね。)この話はこの辺にします。

今回入荷したスパークのS1833 ロータス12 1958年モナコGP No.26のフィギュアー(G.ヒル)は凄い。顔の表情が素晴らしい。良く塗れるな~と感心します。
スパークのF1モデルの魅力はドライブしているドライバーだと言っても過言ではありません。F1モデルに動きが楽しめます。

“様変わりしたホビーショー。”
kannkore.jpg

tamiyab.jpg

何時も会場で会う小売屋さんの数が少なくなり、反対にチエン店、通販の業者が増えてきました。無論難解な作りを好むモデラーの為の商品もありますが、キットから完成品に移り、対象がモデラーからコレクターに変わってきたのも最近の傾向です。ジオラマ関連の商材が増えてきて、完成品にチョットした塗装を施し、レイアウトする楽しみを提供しているメーカーが増えてきました。
特筆すべきは戦車、艦船と言う硬派な模型が女の子のキャラクターを前面に押し出したガールズ・パンサー、艦コレと言うアニメのプラモデルになり男の子に売れているそうです。  硬派のモデラーが減り、ただでさえ売れなくなった模型です。これらのキャラクターを付けて売れるならこれはこれでOKだと思います。さもなければメーカーは潰れてしまいます。車の痛車もその走りかな。
僕はどうもこの手の模型を販売するのが苦手です。でも勇気を出して、営業の為に(嘘です)艦コレの彼女達と写真に納まりました。(嘘でしょう~嬉しそうな顔していますネ)

スパーク、京商、エブロのブースは頻繁に送られてくるEメール&資料に掲載されているモデルが展示され、販売を待つ楽しさがあります。スパークのウーゴ氏に「来月ル・マンに行きますが、貴方は忙しくてサーキット内のスパークの販売所に行っても『社長は今、各チームの契約で留守です・・・』と言われる時が多々ありますが・・」の僕の問いにウーゴ氏は「携帯に電話してくれればすぐ戻るから・・」のリップ・サービス(上手くなったんじゃない、日本流の会話が)に僕はすかさず、「サーキットの売店でシャンペーンをおごって下さいよ・・」の突っ込み。「YES」の了解。 
ホビーショーが終われば、いよいよル・マンです。

同時開催されたタミヤ本社での“おもてなし”で展示してある、F1、バイクに癒されました。良いな~本物はそして模型は。
“静岡 ホビーショー。”
僕は明日(5月15日)静岡ホビーショーヘ行きますので、店に居ません。
店には店長(息子)がおりますが、僕に御用の方は恐れ入りますが、明後日にお越しください。資料を持ち帰ります。
毎日の様にスパーク、・ジャパン、京商、エブロ等々から情報が入りますが、会場で発表されるメーカー品もありますし、この業界に居ますと色々お付き合いもありますので、義理を欠かす訳にはいきません。  

“博物館めぐり・・。”
少しでも時間があると僕は色々な場所に出かける。ル・マンまで1ケ月を切っていると言うのに・・。東京には多数の美術館、博物館があり、そのいずれもが価値のある展示をしている。今回は「活版 印刷」が見たくて水道橋のトッパン本社に併設されている「印刷博物館」へ行ってきた。ハンブラビ法典碑、ロゼッタストーン、グーテンベルクの印刷機、教科書に有った物が立体で見られる。
展示物の前に音声ガイドがあり、椅子に座って解説を楽しめる。ここは大人の展示場だ。
1回では見終わらない。ワークショップもあり、職人さんが実演して見せてくれる。生憎時間帯が合わなかったが、次回は「活版 印刷」を体験したい。
特別展示室で「3Dプリンター」があった。こんな事まで出来るのかと感心するばかり。又行こう!

“今回はわずか4台です。”
18s114.jpg

sa051.jpg

sf065.jpg

sg106.jpg

毎回多数のリリースをしているスパークですが、あまりにもマニアックすぎて今回当店がお勧めするのはわずか4台です。
※ ご注文は5月25日までです。ご検討下さい。

●スパーク(1/18 メーカー完成)
 18S130 2002 Turbo Gr5 No.6 Norisring 1977 Walter Rohrl ¥18,900
 18S116 McLaren M7A No.5 Winner Mexican GP 1969 Denis Hulme ¥18,900
 18S080 Porsche 911 No.37 Winner Monte Carlo Rally 1969 B. Waldegaard -    L. Helmer ¥18,900
○18S114 Matra MS80 No.20 Winner Italy GP 1969 Jackie Stewart ¥18,900
 18S119 Lotus 25 No.4 Dutch GP 1962 Jim Clark ¥18,900

●スパーク(1/87 メーカー完成)
 87LM13 Audi R18 e-tron quattro No.2 Winner LM 2013 L. Duval –
T. Kristensen - A. McNish ¥3,240

●スパーク(1/43 メーカー完成)
 SA049 Porsche GT3 R No.72 City of Dreams Macau GT Cup 2013 Earl Bamber ¥7,452
 SA050  Aston Martin Vantage GT3 No.97 8th City of Dreams Macau GT Cup   2013 Stefan Mucke ¥7,452
○SA051  M3 No.6 Winner Guia Race Macau Grand Prix 1991 Emanuelle Pirro ¥7,452
○SF065   McLaren MP4-12C No.9 FFSA GT Tour 2013 ¥7,452
○SG106 "Peugeot 208 GTi No.216 Winner Class SP2T 24h Nurburgring 2013
C. Frankenhout - J. Niederhauser - V. Radermecker - G. Ricci" ¥7,452
 SG107 "Peugeot 208 GTi No.215 3rd Class SP2T 24h Nurburgring 2013
S. Epp - G. Martin de Andres - B. Philpot - M. Sentis" ¥7,452
 SG108 "Peugeot 208 GTi No.208 2nd Class SP2T 24h Nurburgring 2013
M. Bohrer - S. Caillet - J. Nett - J. Piguet" ¥7,452
“映画「ゆめまち 観音」とジオラマ。”
yumeo1.jpg

yumeo0.jpg

yumeo2.jpg

yumeo4.jpg

昨日店を早退して浅草の“ゆめまち 劇場”で「ゆめまち 観音」(三遊亭あほまろ 監督)と言う活弁(映画解説者)が解説、口演する映画を見に行きました。お目当ては先日お話したROX4階にOPENした劇場に展示にしてあるジオラマ 「浅草 六区・興業街」(作:山本 高樹)です。
凄すぎます。圧倒されたと言うより、やる気をなくしました。
昨年の高島屋での展示物よりますますヒートアップし、構成力、表現力に磨きがかかっていました。山本ワールド全開です。

劇場の雰囲気も良く、大人の夢空間、夢劇場その物です。活弁がどのような物かは知っていましたが、僕には初めての生活弁師(女性:麻生子コヤタ)でした。
その内CDも発売されるでしょうから映画の内容をお話しいたしませんが、山本さんのジオラマを駒落としで動かすもので、活弁にジオラマがマッチしていました。

映画、ジオラマに酔いしれて、昨晩は興奮して目が冴えてしまいました。
“連休が終わり、ル・マンまで後1ケ月。”
teito1.jpg

teito2.jpg

皆さんゴールデンウイークをどのように過ごされましたか。フジヤは5月5日の子供の日に今を時めく「妖怪ウオッチ」の特別セールをしたので僕まで駆り出されました。
でも良い物ですネ、玩具屋をやっていて子供の日に子供が一番欲しがっている商品を供給できるのは最高の喜びです。

店は暦の通りの営業でしたが、お客さんも適当にご来店いただき、十分に応対させていただき、後の時間を模型作りに費やしました。
今度の作品は1/64スケールで作る地元の幼稚園です。木造建ての昭和20~30年に建てられ、現在板橋の文化財として登録されていますが現在でも現役の“帝都幼稚園”です。
昨年の個展の時にお客さんのHさんに撮影して貰った写真でイメージを膨らませ、帝都幼稚園に取材を申し込んで下絵を作りました。   続く。

“帰りは京急で浅草へ。”
リハーサルを終えて帰りは京浜急行で浅草に向かった。(途中から都営 浅草線となる)
ROXで本日から始まる“ゆめまち劇場”の「こけら落とし」だ。
大正、昭和を通して娯楽の一大ブームを起こした浅草6区に現在ROXがあり、その4Fに昨日OPENしたのが同劇場だ。僕のお目当ては演劇ではなく、そこに展示されている「ジオラマ」(作:山本 高樹氏)だ。彼の名前は当ブログに何回となく登場しているので、ご案内の方も多いと思うが、今や日本で一番有名なジオラマ作家です。彼の作品を見たさに羽田から浅草に来た。(羽田空港 国際線乗り場~泉岳寺 約\400、そこからはシルバーパスで無料。ここでも早い、安いを体験した。)
ジオラマは同劇場4Fに展示してあるが演目がピンと来なかったので、本日はパス。その代り、来週5月8日(木)は店を早退して「ゆめまち 観音」(映画+活動弁士のイベント)のチケットを買い、ジオラマと人形による映像を見に行きたいと思っている。

この続きはその内。

“Bizarre 2014 カタログ入荷。”
biza1.jpg

biza2.jpg

biza3.jpg

biza4.jpg

Bizarreの訳は(奇抜、奇妙)です。同ブランドで過去にル・マン車を中心に多種類のモデルを多数リリースして来ました。しかし今年からビザールは本来のモデルをリリースする事になりました。
スピードレコーダ、バイク、ラリーカー、コンセプトカー等の奇抜、奇妙(?)なモデルだけをリリースし、スパークとすみ分けを図ります。
(Please check out our new web site:ビザール)   1部 \200(税抜)