LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“各国限定モデルのお知らせ。”
sa047.jpg

sa048.jpg

sf066.jpg

sg109.jpg

sg110.jpg

us006.jpg

us007.jpg

スパークをベースに各国から依頼生産されたモデルです。
数あるスパーク・モデルの中でも超マニア向けに作られるモデルです。
SA:中国、SG:ドイツ、US:アメリカ

※ 小ロット生産の為ご注文はお早目に。(5月17日締め切りです)

●スパーク 各国限定モデル(1/43 メーカー完成)
SA047 "Porsche 997 GT3 R No.20 Winner 24h of Dubai 2014
Ineichen - Ineichen - Matter - Amstutz - Engelhart" ¥7,452
SA048 Audi R8 LMS No.1 Winner City Of Dreams Macau GT Cup 2013   Edoardo Mortara ¥7,452
SF066   "McLaren MP4-12C No.8 FFSA GT Tour 2013
A. Beltoise - L. Pasquali" ¥7,452
SG109 Porsche 991 GT3 Cup No.1 Champion PCC Germany 2013 K. Estre  ¥7,452
◎SG110  "Ferrari P4/5 Competizione No.1 24h Nurburgring 2012
F. Giovanardi - N. Larini - M. Lauck" ¥7,452
US006  "Porsche 991 RSR No.911 Class Winner 24h Daytona 2014
P. Pilet - N. Tandy - R. Lietz" ¥7,452
US007  " Muscle Milk Pickett Racing ORECA 03 Nissan 2014
K. Graf - L. Luhr" ¥7,452



スポンサーサイト
“リハーサルと利便性。”
2ケ月を切ったル・マン行きのリハーサルをしに僕は羽田へ行った。何時もなら成田からスタートするのだが、ANAは1日2便にハパリ行きを増やし、早い便を羽田から飛ばす。明るい内にル・マンに着きたいので僕は早い便を選んだ。いつもと違う空港の下見をしに羽田へ行ったと言う訳だ。
驚いた事がいくつかあった。自宅から約1時間30分で羽田に到着(従来は約2時間と少し、しかも上野まで息子に荷物を運んでもらってきた・・。)そしてモノレールを降りるとそこがANAのカウンター、手続きを済ませるすぐ正面に出発ゲート。早い早い。しかも交通費が京成より格段に安く、まるで新幹線に乗るようだ。3Fのテラスからはラッシュアワーの様に次々と飛行機が出発する。これなら当日迷う事は無いはずだ。

瞬時に思ったのは「成田は大変だろうな・・」だ。JAL+エアー・フランスをカウントすれば1日何便の飛行機がパリに向けて飛ぶのだろう。今の日本の状況ではそれ程フライト数は必要ないと思うが・・。まして都心から利便性の高い羽田にお客さんを取られてしまうのではないかと思うと成田の事が気になった。      続く。
“追加します。”
s2002.jpg

s3499.jpg

僕の余計な気配り(?)をよそに、皆さんからスパークの注文を頂いています。
欲しい物は欲しいですよね。
そこでもう2台お勧め品を追加いたします。
 S2002      "Porsche 936 C No.4 Le Mans 1982 
B.Wollek - J-M.Martin - P.Martin" \7,128

ヨーストレーシングがエントリーしたポルシェ936。936というと、オープンボディに背の高いエアインテークのイメージが強いですが、
この936は1982年にスタートした新カテゴリーのグループCの規定に合わせるため、
チームがオープンボディの936に屋根を取り付けてCカーとしたものです。この後すぐにCカー規定に合致した956が供給されたため、
この936Cはあまり多くのレースを走らなかった一台です。決勝では完走まであと一歩の22時間すぎにエンジントラブルでリタイアしました。(スパーク 談)

 S3499     "Porsche 907 No.67 Le Mans 1968
R.Buchet - H.Linge" \7,128

上の35号車に比べてブルーのデカールが華やかな雰囲気を醸し出す67号車。
Philippe Farjonというフランスのチームがエントリーした907です。(スパーク 談)

“ここらで一服、スパーク・モデル。”
s4112.jpg

s3127.jpg

s2972.jpg

s1780.jpg

s2390.jpg

s3593.jpg

s3960.jpg

s2391.jpg

又、又、又スパークの新製品のお知らせです。しかし良く見るとまるで目新しいモデルは無く、バージョン違いが中心です。ですから今回は最近のスパーク商品の大洪水を客観視してみても良いと思います。
そこで今回の34アイテムの中で、フジヤのお勧めは以下の8点です。

※ ご要望の物がありましたら5月8日までにお願い致します。

●スパーク (1/43 メーカー完成)
 S3521 Cooper T81 No.7 Winner Mexico GP 1966 John Surtees \7,128
 S3933 Copersucar FD01 Press 1975 \7,128
 S1149 BRM P160E No.14 5th Argentina GP 1974 Jean-Pierre Beltoise \7,128
 S1678 Lotus 109 No.11 European GP 1994 Eric Bernard \7,128
○S4112 Minardi M189 No.23 Japanese GP 1989 Paolo Barilla \7,128
 S4070 "Ford GT 40 No.11 Le Mans 1968
B.Muir-J.Oliver" \7,128
 S3976 Ligier JS7 No.26 Brazilian GP 1977 Jacques Laffite \7,128
 S2100 "Jaguar E-2A No.6 Le Mans 1960
D.Gurney - W.Hansgen" \7,128
 S3950 Ensign N173 No.29 French GP 1973 Rikky von Opel \7,128
 S3972 Ligier JS11 No.25 5th Dutch GP 1979 Jacky Ickx \7,128
○S3127 McLaren M7B No.10 5th French GP 1969 Vic Elford \7,128
 S3479 "Porsche 907 No.35 Le Mans 1968
R.Lins - A.Soler-Roig" \7,128
 S3499 "Porsche 907 No.67 Le Mans 1968
R.Buchet - H.Linge" \7,128
○S2972 "Chevrolet Corvette No.9 Le Mans 1967
B.Bondurant - D.Guldstrand" \7,128
 S2383 "Toyota TS020 GT-One No.2 Le Mans 1999
T.Boutsen - R.Kelleners - A.McNish" \7,128
 S2002 "Porsche 936 C No.4 Le Mans 1982
B.Wollek - J-M.Martin - P.Martin" \7,128
 S4069 "Ford GT 40 No.10 Le Mans 1968
P.Hawkins - D.Hobbs" \7,128
○S1780 Lotus 109 No.11 Japanese GP 1994 Mika Salo \7,128
 S1858 BRM P261 No.3 Winner Monaco GP 1965 Graham Hill \7,128
○S2390 Lotus 38 No.19 2nd Indy 500 1966 Jim Clark \7,128
 43DA73 "Porsche 911 Carrera RSR No.59 Winner Daytona 24 Hours 1973
P.Gregg - H. Haywood" \7,128
 S4021 Porsche 911T No.210 Winner Monte Carlo Rally 1968 V.Elford - D.Stone \7,128
 S1367 Porsche 787 No.2 Monaco GP 1961 Jo Bonnier \7,128
 S1369 Porsche 901 Red \6,804
 S2158 Aston Martin V8 Volante Zagato 1987 \6,804
 S2185 Lotus Seven S4 (Type 60) 1969 \6,804
 S2246 Venturi 400 GT 1994 \6,804
 S3854 "Renault 5 Turbo No.9 5th Monte Carlo Rally 1982
B.Saby - F.Sappey" \7,128
○S3593 Ford Torino No.17 Darlington 400 (NASCAR Champion) 1968 David Pearson \7,452
 S2721 Talbot-Lago T23 F&F Teardrop Coupe \7,452
○S3960 Rial ARC1 No.22 4th US GP 1988 Andrea de Cesaris \7,128
○S2391 Lola T90 No.43 Indy 500 1966 Jackie Stewart \7,128
 S3151 Gordon Murray's T27 City Car 2012 \6,804
 S3210 "Volkswagen Golf GTI Mk1 No.14 Monte Carlo Rally 1980
J-L.Therier - M.Vial" \7,128

“5月発売のHIROの1/43 キット。”
hiro312pb.jpg

hiro312pb2.jpg

下記のフルディティール・キットが発売になります。
1/24スケールで培った技術を43にフィードバックさせました。
A,B、Cの3バージョンがあり、それぞれ複数のマシンを作り楽しめます。

◎HIRO(1/43 フルディティール・キット)
K430 フェラーリ 312PB  Ver.A     ¥16,000
K431 フェラーリ 313PB  Ver.B      ¥16,000
K432 フェラーリ 314PB  Ver.C      ¥16,000

皆様のご注文をお待ちしています。

“カッコ悪いと言えばフェラーリも・・”
ff2014.jpg

ff2014-1.jpg

fff.jpg

2014年のフェラーリF1モデルの情報が届きました。
1/18、1/43スケールのマテルのモデルです。

最初に出た言葉はTOYOTA TS040同様“カッコ悪い”でした。フロントの形状がカモノハシみたいで、何とも言えぬ姿。どう見ても早そうに感じません。でもこれが早く走り、優勝でもしようものなら“カッコ良い”になるのかな。それはともかくフェラーリ・ファンの方はご注文下さい。      締め切りは5月1日です。
 
●マテル(1/18、1/43 メーカー完成)
MTBLY67 フェラーリ F-1 2014 F14 T #14 アロンソ (ドライバー付)¥18,000
MTBLY68 フェラーリ F-1 2014 F14 T #7 ライコネン (ドライバー付)¥18,000

MTBLY69 フェラーリ F-1 2014 F14 T #14 アロンソ (ドライバー付)¥8,600
MTBLY70 フェラーリ F-1 2014 F14 T #7 ライコネン (ドライバー付)¥8,600

“スポーツカーレーシング(SCR)のS氏ご来店。”
ts040-1.jpg

SCRで現在纏めている「ポルシェ962」の当店の資料が見たいと言って、S氏が久々のご来店。お目当ての洋書はもうだいぶ古いからいいだろうと昨年販売しまったので在庫は無かったが、この本のある個所が気になっていたらしく、それを確認しに来られるとあってかなり込んだ物を作っている様子が覗えた。

それはそれとして、話がTOYOTA TS040の事になり、今年はかなり戦闘能力の高いマシンに仕上がっている事をお聞きした。
「TS040カッコ悪いじゃないですか・・」の僕の問いにS氏は同車の構造とその効果について話してくれたが、僕の聞く力が足りないために十分に理解できなかったのが情けなかったが、要はフロントから入り込む空気をフロントタイヤの上にある四角く開いた穴から逃がす時にあの形状が「強力なダウンフォースが得られる」との事だ。

今年はポルシェ、AUDIも使用している形状で、他のマシンを圧倒している。更にTOYOTAはヨーロッパ選手権でも好成績を上げているので、今年はル・マンで活躍するとの嬉しい話も出た。
勝てばあのフロント形状がカッコ良く見えてくるのかな。  ムーン!!


“ロングビーチみあげ。”
lonngu.jpg

40回を迎えた「ロングビーチ」に行ってきたS氏からプログラムを頂戴しました。S氏は一昨年のル・マンを始め、グッドウッド、ラグナセカにも行った強者です。
日本でネットを使ってチケットや宿までGETしています。彼は若いから今回も2泊4日のスケジュールでした。僕には真似ができません。そのS氏いわく「その気になった時が行き時・・、マッ、行ったもの勝ちかな・・」、「費用も何とかなる・・」との事です。

ご来店の折に、頂きましたプログラムご覧ください。
“イグニッション・モデルのお知らせ。”
ig0115.jpg

ig0117.jpg

ig0118.jpg

ig0212.jpg

ig0214.jpg

少量生産のイグニッション・モデルから以下のモデルが発売されます。フジヤが扱うアイテムは以下の6点です。
ご要望の物がありましたら、5月7日までにご注文下さい。

●イグニッション・モデル(1/43 メーカー完成)
IG0115 TRUST Toyota 92C-V (#99) 1992 JSPC 生産予定数:180 \13,800
IG0117 TOM'S Toyota 92C-V (#8) 1992 JSPC 生産予定数:200 \13,800
IG0118 KITZ Toyota 92C-V (#39) 1992 JSPC 生産予定数: \13,800

IG0212 Datsun 240Z (#11) 1971 Safari 生産予定数:160 \13,800
IG0213 Datsun 240Z (#1) 1973 Safari 生産予定数:180 \13,800
IG0214 Datsun 240Z (#62) 1971 Monte Carlo 生産予定数:160 \13,800


“ダンロップブリッジ周辺の特別席。”
seki5.jpg

僕が通い始めた頃はダンロップブリッジ周辺の小高い場所は誰でも入れる場所だった。人気スポットとあっていつも人で満員。人をかき分けて僕は最前列に入った記憶がある。
この場所も今はACOメンバーの席になっていて、会員書を提示してハウスに入り、軽食堂を通ってここへ行く。(なんでも「金、金になった」とダニエルさんは嘆いていた。)
その反対側にチャペル・シートがある。ピットからはかなりの距離だ。途中売店や車メーカーのショールームがあり、一度は楽しいが複数回行く気にはならない。まして僕はスパークを始めお付き合いのある出版社、写真屋、雑貨屋を渡り歩く者には一か所に落ち着いてレース観戦をしていないので、チャペル・シートは不要だ。それなら、ACOメンバーのハウスに転がり込み、休憩して時々観戦の方が面白い。

パドックは文字通り各チムのトランスポーターがパークする一帯の事で、ピットとは違う。一昨年パドックパスでピット・ウオークをしようとしたらゲートで拒否され、レース前の各チームの緊迫した様子を見る事が出来なかった。
そして今年はパドックパスを要望したが、それでは無く1ランク上のピット・ウオークに変更された。これはこれで良い。

と言う訳で今年はパドックだけの散策では無く、ピット・ウークでル・マンの大半を過ごしたいと思う。今までに一度も経験をしたことの無い経験と画像が撮れるのを楽しみにしている。   (完)

“続きの続き。”
そのスタンド34だが、今回初めてその席が特別な席だと言う事が分かった。
ACOのコンティにお願いしたら、その席は既に完売。しかもACOのメンバーだけが利用できる席だと言う事が分かった。僕は何年も前からACOのメンバーになっているから問題はないのだが、会員ですら満席で取れない。J.Cが僕に話してくれた「もっと早く言ってよ・・」の意味が初めて分かった。毎年J.Cは苦労して僕の為に手配してくれていたのだ。
しかもピット・ウオークとなると尚更だ。
僕は毎年スタンド34とパドックパスを注文してきた。スタンド34裏のパドックは取材に便利だからだ。疲れたらすぐ上にあるスタンドに登って休みながら観戦できる。真下に見えるピット作業も魅力だ。身を乗り出してビデオや、デジカメに作業を撮った。
それが今年は出来ない。何度目かのコンティとのやり取りで、ダンロップブリッジからそう遠くないチャペル・シートならピット・ウークが付いて買えると言ってきた。  続く。

続き。
seki3.jpg

2001年までは地元民に対してACOは観客席を4枚無料でくれた。僕たち4人は並んでスタート前のセレモニーを見たり、スタートの興奮を味わった。
それが何年からか覚えていないが、ACOは地元民に対するサービスをやめ、24時間放映していたTVも有料化され、せちがらくなってきた。もっともこのころからACOはコースや、施設の大工事にかかり、その費用の捻出だったと思う。それにしても地元民の不満は募った。

僕はコントロールタワーに入ったことはないが、プレスルーム、AUDIのVIP専門室には入ったことがある(間違って入ってしまい、何も言われなかったのでそのまま居座り
)そこから見たピット風景は今でも鮮明に覚えている(凄い場所だった。飲み物、食べ物等々、おもてなしも凄かった)
それから後はチケットの手配はJ.Cに全て頼んできた。
僕が毎年リクエストした席はピット上の特別席。(スタンド34)
何時の時だかこれも覚えていないが、僕がル・マンに行く日程が決まらず、4月中旬にJ.Cに言うと「もっと早く知らせてくれなくては・・・」と言われたことがあった。
続く.
“ヤキモキした1週間。”
seki1.jpg

なかなかACOのコンティ(現フジヤの担当者)からOKのメールが来ない。僕の席が決まらない。自慢じゃないが僕は今まで一度もル・マン サーキットの観客席とパドックパスを自分で取ったことはない。2001年に最初にエマニエル君の家に泊めて貰った時から、一昨年のJ.Cに手配してもらった時まで何年も席とパスの苦労はしなかった。無論ル・マンについてからチケットの支払いはしてきたが、自身で席とパスの取得はしてこなかった。だが、今年は高齢の母親を持つJ.Cがサーキットヘ来られない。そうとは知らず僕は先月半ばにJ.Cにいつもの様にチケットの取得をお願いして「支払いはエマニエルの家でします・・」のメールを出した。だがその回答が10日過ぎても来なかった。
多少の心配をしながら、COCO(J.Cの奥さん)にメールを出してJ.Cに催促したら「ごめん、ごめん。今年はサーキットヘ行けなくて・・」とACOのチケット・サービスのサイトを添付して返事が届いた。

さ~、ここからが大変。何しろ一度もチケットを自分で取得してこなかったから。誰に頼めば一番良いか?ファンソア婦人も高齢の父親の介護だし、エマニエルは仕事だし、フジヤのACO担当のモニカさんとはメールのやり取りはしている物の彼女は既にACOを引退しているし。    続く。

“1/43スケールのジオラマです。”
youkann2.jpg

youkann1.jpg

2月16日にこのブログにUPした、模型が完成しました。
近々ジオラマの本を出版する予定のモデルカーズの編集長のN氏にお越し頂き、この模型を見て頂きました。(店内に展示していますので、ご来店の時にご覧ください。)

最近TSMから1/43スケールのフィギュアー、ストラクチャーが発売され、プライザーの塗装済みフィギュアーも揃い、1/43 スケールで作るジオラマの環境は整ってきました。

ジオラマと言っても手の込んだものではなく、ミニカーにフィギュアーを1体ディスプレーするだけで違った雰囲気が楽しめます。

N氏も同じ事を考えていた様です。ミニカーファンの大半はコレクターです。中には箱から出さずにそのままコレクションしている方もいますが、せっかく買ったモデルです。飾り台から外して手に乗せてみればと思うのですが、余計なお世話ですよネ。

“HIROの新刊と在庫。”
sena3.jpg

sena4.jpg

sena2.jpg

ジョーホンダ 撮影 F1パイロット・シリーズが発刊されます。
NO.1はアイルトン・セナ です。 \3.300

当店の在庫にA.セナの写真集があります。 27x35cm 34ページ \2.000
ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。

“東京ホビージャム OPEN“
tj1.jpg

ミニ四駆とカードゲームが楽しめるスペースが出来ました。
場所はフジヤから徒歩3分、飯田電子設計さんの2階です。
ご存知の通りフジヤの1階は玩具店です。中でもタミヤのミニ四駆コーナーは自慢してしまいますが都内一の品揃えと、走行大会の集客規模を誇ってきました。ですが今までは店前の信用金庫さんの駐車場をお借りしていましたので、天候不順の時は大会が中止になる時もありました。
本日OPENした場所は屋内ですので、その心配は無用になりました。
ミニカーコレクターの方でミニ四駆をやっている方はいないと思いますが、お知り合いの方でミニ四駆に興味をお持ちの方が居ましたら、何かの折にお話し下さい。お願い致します。   又カードゲームの対戦ルームも同時OPENです。

オープニングの準備をしていましたら、TAKARA TOMY(玩具メーカー)から開店のお祝い花が届き、感激してしまいました。
僕は早速富山社長に「業界に話題を投げかける一石になれば幸いです・・」のコメントを添えて画像を送りました。
※利用方法、料金等の詳細はお問い合わせください。
“皆さん春です、桜です。”
桜1

桜2

ル・マンの人々に6月の僕のスケジュールを送りました。エマニエル君は16,17,18日の3日間僕に付き合ってくれるとの事です。感謝感激!僕は今を盛りの“桜”の画像を添付しました。

先日の休みに僕は桜を追いかけて石神井川をときわ台から王子まで歩きました。
埼京線と交差する川面は最高でした。でも「春に3日の晴れ日なし・・」、桜は今週中で見納めかな。

桜を見上げて長距離歩いたせいか、首が回りません。(又、風邪をひきました。)
“フジヤ ポントカード発行について。”
ポイント3

毎度当店をご利用頂き誠に有難うございます。
当店をご利用いただいていますお客様に「ポントカード」を発行いたします。
お買い上げ頂きました金額の3%をポイントとして差し上げます。
(1ポイント=¥1)です。
例:スパークS1103 
マクラーレンN0.5 Nassau 1964 ブルースマクラーレン \6.685
(ポイント:200 ですので\200としてお使いになれます。)

ポイントは次回お買い上げの時にお使いいただいても結構ですし、纏めてお使いいただいても結構です。
ご来店のお客様にはカードを差し上げますが、通販の方のカードは当店で管理させていただきますので、ポイントその他は通販時にお問い合わせください。

(注:このサービスは常連さんを対象にしています事をご承知下さい。)