LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“MAKE UP社 VISIONの新製品”
4560319096782.jpg

4560319096799.jpg

4560319096805.jpg

4560319096812.jpg

先に発売された1984年のポルシェ956に続き1983年の9564点が発売されます。手作りの良さが売り物の本品は少量生産です。お早目のご注文をお待ちいたします。

●MAKE UP(1/43 メーカー完成)
VM007A ポルシェ 956 "Team Porsche" ルマン 1983 ウィナー No.3 ¥24,000
VM007B ポルシェ 956 "Team Porsche" ルマン 1983 No.1 ¥24,000
VM007C ポルシェ 956 "Team Porsche" ルマン 1983 No.2 ¥24,000
VM007D ポルシェ 956 "Team Porsche" ルマン 1983 プラクティス No.33 ¥24,000

スポンサーサイト
“パーフェクト・ガイド”
5日間の休日が終わりました。
休み中皆さんにご迷惑をお掛け致しましたが、エマニエル君達への僕のガイドは終わりました。「あなたのガイドは完璧でした・・。」(無理やり言わせたかな)と言う程彼等は300%満足してくれたと思います。彼等が最初に見せてくれた“行きたい所”計画(日光東照宮、中禅寺湖、華厳の滝、そして日本旅館での宿泊、大相撲観戦・・)は勿論、彼等が知らない否、日本人だって知らないTOKYOを案内したのだから当たり前と言えばあたり前です。

日頃の僕の好奇心と行動力がそれを可能にさせたと自負しています。

それにしても彼等は若い。一度ホテル仁戻って、それから夜の街に繰り込んでいった。
何しろ初めての日本、色々行きたい所が一杯有ったのだと思う。そう言えば僕だって最初に行った1995年のル・マンでは一晩中サーキットに居たかったのだから、当然か。

観光中気になって彼等が持っていたガイドブックを見て納得したことがある。その本は2006年に発刊した、もはや現在の日本を知るにはあまりにも古すぎる本だ。東京スカイツリーは出ていない。そして近い将来ホットスポットになるであろう「お台場」も文字だけの表記。「古いよ、これは・・」との僕の言葉に彼等は素直にうなずいた。

(続きは業務の合間に少しづつ書こうと思います。まずは皆様に御礼と報告を。)


“いきなりのトラブル。”
第1ターミナル北ウイングの到着ロビーからエマニエル達はなかなか出てこない。
待つ事2時間。しびれを切らして彼の携帯に電話。出たのはフランスのファンソア。エ~僕はル・マンでの番号を登録したままだった。「エマニエルを待っていますが、出てきません。彼に電話を入れて下さい・・」
そのすぐ後で家の息子からの電話で「北京の空港でトランジットした時に彼らの荷物が紛失したんだって・・」とエマニエルは息子に電話をかけてきたとの事。
しかもパリからの直行便でなく、北京からANAで来たと言う。それじゃ北ウイングに来ない訳だ。「南ウイングに今居るって・・。」
居ましたよ、いましたよ。2人とも笑顔は笑顔だが何か不安な顔をしての挨拶。
ANAの案内所に行き、「若しも見つかったらホテルに届ける・・」の言葉を確認して、リムジン・バスではなく京成スカイライナーでひとまずホテルへ。
迎えに来ていた息子を交えて明日からのスケジュールの作戦開始。

続く。

“親心はどの国も同じ。”
今朝メールを開いたらエマニエル君から“日本へ行く前の最後のメールです。”のタイトルの後で「成田で会いましょう・・。」のメールが届いていた。
そしてファンソア婦人からは息子を宜しくの意味だろう「ワインを送った・・」のメールも来ていた。どの国も子を思う親の気持ちは変わらない。僕は「任せなさい・・」の返信をした。

2001年ドゴール空港で出迎えてくれたCOCOとセドリックの事を思い出す。
少し不安げな僕は到着ロビーで「CHONO43」の小さなボードを持つ2人に安堵し、カウンターバーでジュースをご馳走になり、駐車場にトランクを運ぶセドリックの「これ僕の車。」と言ってポルシエを指さし、「間違えた・・」と言ってその先のVWのバンのドアを開けたジョークから始まり、JCのパリの会社から帰るまでに僕にしてくれた彼らの親切と気使いそして連発されるジョークに僕は彼等との距離感をゼロにした。
以来13年も友好が続いているのだから初対面の印象は強い。

ル・マンのサーキットのACOのレストランでJCから「ル・マンでの宿泊はこの家です・・。」と初めてファンソア婦人を紹介された時に多分僕は少し緊張して笑って「NICE TO MEET YOU」と言ったはずだが、その後の13年間でマンブイ家の人達と”緊張”と言う文字は消えているので覚えていない。
サーキットからマンブイ家まではJCの車で、それからのサーキット通いはダニエルさんが運転するHONDA インテグラだった。 
車中いつも話しかけてくるのはファンソア。僕を安心させる為に夫婦のフランス語の会話を英語に訳してくれたり、ル・マン市内のレストランでの注文や、スケジュールの立て方に、はは~ん、この家は旦那よりも夫人が「偉いんだな・・。」と直感、まさにズバリ主導権はいつも婦人。

JC、COCO、セドリックを交えて会話するフランス語は僕には分らないが、彼らの話す内容は察しがつき「この場面はまるでフランス映画を見ている様です・・」との僕の言葉に一同大笑い。「話の内容はそう大した事じゃないわよね・・」と彼等は返してくれた。

(この続きは有るのか無いのか。)
“臨時休業のお知らせ。”
“臨時休業のお知らせ。”

9月25日はエマニエル君達の来日です。成田へ迎いに行きます。
東京観光、日光見物・宿泊等で僕は彼等と行動を共にしますので、9月25日から29日まで店に居ません。 

● 9月26日(木)は臨時休業致します。

9月25、27,28,29日の4日間 店は開いていますが、お客様の応対に窮すると思いますので、僕に御用の方は恐れ入りますが別の日をお選びください。

9月30日~10月8日は店に居ます。(10月5日=定休日)

10月9、10日・・・午後は店に居ません。見送りに行きます。

※ エマニエル君達の来日中お客様には色々ご迷惑をおかけいたしますが、
日仏親善の為(大袈裟だな・・)お許し下さい。

“”プラネックス ブラバムBT44 1974 桑島正美“
bt44.jpg

bt44-3.jpg

bt44-2.jpg

1/43ブラバム BT44 は富士デモラン特別パッケージモデルです。
日本で初めて走った1974年11月24日“富士デモラン”の記憶。スペシャルパッケージに収納されています。パッケージも特別仕様!富士山の形をモチーフに、ジヨー・ホンダしによる当時の実際のレース写真を使用しています。  世界限定1000台 \7.980

※皆様のご注文をお待ちしています。


“プラネックスのHONDA TN360”
tn360.jpg

tn360-2.jpg

tn360-3.jpg

1970年代後半からJPSチーム・ロータスのサポートカーとして、主にタイヤの運搬用などに使用されていたHONDA TN360をモデルした物がプラネックスから発売になります。
チーム・ロータスが使用したのはTN7と呼ばれる後期モデルで、1980年代までスタッフの相棒としてヨーロッパ各地のサーキットで活躍しました。
今回はJPS時代のカラーリングを忠実に再現。ロータス99Tよりも早く実現した、ロータスとホンダのコラボです。   世界限定販売1000台   \7,980

●図の様に他のF1マシンやトランスポーターとの組み合わせも楽しめます。(別売)
※皆様のご注文をお待ちしています。
“東京 ホビーショーにて。”
thm2 (2)

thm2 (1)

thm3.jpg

いきなりスパークのウーゴ社長と会った。6月の僕の「個展」を覚えていて、僕が送ったポストカードを持っていて、サインを求められた。悪い気持ちはしなかった。

今回スパーク・ジャパン(SJ)に入ったK氏は依然出版社(ミニカーファン)にお勤めで、ミニカー歴も「子供の時に親から買ってもらった以来・・」との事でSJにとっては物凄い戦力になると思った。

SJの目玉の1つはご覧の「フルディティールのポルシェRS カレラ」。
これは同じ工場で作っているがラインはまるで違うとの事。 素晴らしい出来だ。
発売時期等の詳細が待ち遠しい。

エブロのブースでは商談はすでに終了しているので、木谷社長に現在僕が作っている「柳橋・船宿」をご覧いただき、「ここに御社の1/43 トヨペット・タクシーとトヨエースを乗せて完成・・」と与太話。「ル・マンじゃないですか・・」との問いに、「あれ、木谷さん知らなかった僕が二刀流だと言う事を。」と応酬。そういえば僕の個展のお知らせはしていなかった様な気がする。

タミヤのブースではプロ・ジオラマモデラーの第一人者K氏と立ち話。「ごめんなさいね、個展のお知らせ貰っていながら、他のイベントで行けなかったのよ。」、「あ、そうだ先生にしてもらう色紙忘れた。」、「またそんなお戯れを・・」こんな凄いモデラーとじゃれあう姿を他人はなんと見たか。(うぬぼれも程ほどに・・)

“スパ24時間by スパーク”
sb039.jpg

sb051.jpg

sb052.jpg


先日「ここまでは追いかけません・・」とお話ししたスパークの第2弾はスパ24時間耐久レース出場車です。
興味のある方はお申し出ください。画像を送ります。
取りあえず3アイテムの画像とリストを掲載いたします。
メルセデス・ベンツSLS、BMW Z4,マクラーレンMP4-12Cは確かに魅力的です。生産数は500~300台です。

SB039 Mercedes-Benz SLS AMG GT3 No. 84 - Winner 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB040 Audi R8 LMS ultra No. 2 - 3rd 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB041 Mercedes-Benz SLS AMG GT3 No. 18 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB042 Porsche 997 GT3 R No. 75 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB043 Porsche 997 GT3 R No. 83 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB044 Porsche 997 GT3 R No. 33 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB045 Porsche 997 GT3 R No. 98 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB046 Aston Martin Vantage GT3 No. 99 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB047 Audi R8 LMS ultra No. 16 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB048 Mercedes-Benz SLS AMG GT3 No. 62 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB049 Porsche 997 GT3 R No. 911 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB050 Mercedes-Benz SLS AMG GT3 No. 22 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB051 BMW Z4 GT3 No. 3 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB052 McLaren MP4-12C No. 107 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB053 Audi R8 LMS ultra No. 0 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB054 BMW Z4 GT3 No. 4 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB055 Aston Martin Vantage GT3 No. 89 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB057 McLaren MP4-12C No. 77 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB058 Aston Martin Vantage GT3 No. 100 - 24 Hours of Spa 2013¥6,800
SB059 Audi R8 LMS ultra No. 1 - 24 Hours of spa ¥6,800
SB061 Porsche 997 GT3 R No. 66 - 24 Hours of Spa 2013 ¥6,800
SB062 McLaren MP4-12C No. 11 - 24 hours of Spa 2013 ¥6,800


画像はSB039,SB051,SB052 です。
“HIROに新しいシリーズが加わりました。”
lk-001.jpg

lk-002^004

その名は“Lightweight Series”です。  1/24 スケール。
往年の小型名車をテーマに、パーツ点数を抑え、組み易さにポイントを置いたキットです。
エンジンレスのプロポーションながら、エッチングパーツ、シルクスクリーン印刷デカール、ゴムタイヤ、バキュームフォームを使用したマルチマテリアルキットです。
第1弾はアバルト、次にポルシェが続きます。  各\16.800 

※ ご註文をお待ちしています。
“エブロンのCカー”
e44242.jpg

e44773.jpg

e44485.jpg

e45016.jpg

e45017.jpg

Cカーはスパークだけではありません。エブロも負けていません。
しかもエブロは日本仕様のそれです。
当店が扱うエブロは以下の通りです。

●エブロ (1/43 メーカー完成)
(10月)
44977 ★NISSAN SKYLINE GT-R KPGC110 Racing 東京モーターショー 1972 【RESIN】 ¥7,560
(11月)
45016 ★TOYOTA TOM'S 85C 1985 WEC JAPAN Fuji No.36 【RESIN】¥7,560
45017 ★WACOAL TOYOTA DOME 85C 1985 WEC JAPAN Fuji No.38 【RESIN】¥7,560
44970 Honda City Turbo 1982  (黒)¥5,040
44971 Honda City Turbo 1982  (赤)¥5,040
44972 Honda City Turbo 1982  (白)¥5,040
44975 TOYOTA COROLLA LEVIN 1600 GT APEX (AE86 late version)  (白)¥5,040
44976 TOYOTA COROLLA LEVIN 1600 GT APEX (AE86 late version)  (赤)¥5,040
(12月)
44242 ★MINOLTA TOYOTA TOM'S 86C 1986 WEC JAPAN Fuji No.35 【RESIN】¥7,560
44773 ★NISSAN SILVIA Turbo C NICHI-RA 1985 No.28 【RESIN】¥7,560
44385 ★Honda F-1 RA302 1968 Italy GP Practice No.14 【RESIN】¥7,560
44485 ★SIGMA GC73 1973 Fuji GC No.70 【RESIN】¥7,560
44502 ★Fiat Abarth 595 SS 1965 【RESIN】¥6,720

皆様のご注文をお待ちしています。
”追加の画像”
s2046.jpg

43in66.jpg

忘れてならない2アイテムです。
S2046 と43IN66の画像です。

“ベンチュリー登場。”
s1381.jpg

s2256.jpg

s2265.jpg

s3872.jpg

s3853.jpg


○印がお勧めです。


  S0598 Aston Martin DB2 No.28 Le Mans 1949 ¥6,500
  S0600 Aston Martin V8 Vantage LM 600 - 1999 ¥6,500
  S1178 AC Cobra 427 # CSX3101 1965 ¥6,500
○ S1381 Lancia Beta No.53 Le Mans 1980 ¥6,500
  S1824 Team Lotus 18 No.7 - 3rd British GP 1960 ¥6,500
  S2130 Jaguar XK 140 Drophead ¥6,500
  S2219 Lotus Excel 1982 ¥6,500
  S2252 Venturi No.57 Le Mans 1993 ¥6,500
○ S2256 Venturi No.92 Le Mans 1993 ¥6,500
○ S2265 Rondeau M 379 C No.24 Le Mans 1981 ¥6,500
  S2649 Mini Roadster 2012 Red ¥6,500
  S2962 Edsel Citation Hard Top Sedan 4 Doors 1958 ¥6,800
  S3148 Morgan Super Sports 1935 ¥6,500
  S3453 Porsche 935 No.89 Le Mans 1980 ¥6,500
  S3459 Porsche 993 Carrera RS Coupe 1995 White ¥6,500
  S3496 Porsche 911 Turbo 3.3 Coupe 1989 Black ¥6,500
○ S3872 Alfa Romeo 179 No.35 Italian GP 1979 ¥6,500
  S2157 Aston Martin Vantage Zagato 1987 ¥6,500
  S3109 McLaren M7A No.1 Winner Italian GP 1968 ¥6,500
○ S3853 Renault 5 Turbo No.9 Winner Monte Carlo Rally 1981 ¥6,500
“10月、11月に発売される スパークの新製品。”
s1378.jpg

s2187.jpg

s2254.jpg

ss3097.jpg

s3488.jpg

s3489.jpg

s3552.jpg

s3851.jpg

「こんなにまた出るの・・・」と言いたくなるスピードとアイテム数でスパークの新製品のお知らせが届きました。 何はともあれ2回に分けてお知らせいたします。

●スパーク(1/43 メーカー完成)
  S2046 Porsche 935 No. 49 - 1st GR5 Le Mans 1980 ¥6,500
  43IN66 Lola T90 No. 24 Winner Indy 500 - 1966 ¥6,800
○ S1378 Toyota 94CV No. 1 - 2nd Le Mans 1994 ¥6,500
  S1826 Lotus 18 No. 20 Winner Monaco GP 1961 ¥6,500
  S2169 Aston Martin Vantage S 2012 Blue ¥6,500
  S2177 Ruf RT 35 - 2012 Met Green ¥6,500
○ S2187 Lotus 30 No. 15 - 3rd Riverside 1964 ¥6,500
○ S2254 Venturi No. 71 Le Mans 1993 ¥6,500
  S2720 Bugatti Galibier Chassis No. 774 ¥6,800
  S2801 Alpina C1 2.3 (E21) White 1975 ¥6,500
  S2803 Alpina B7 Turbo (E12) Red ¥6,500
  S2968 Chevrolet Corvette C2 Sting Ray 1964 ¥6,800
  S3095 McLaren M7A No. 2 Winner Race of Champions 1968 ¥6,500
○ S3097 McLaren M7A No. 14 - 4th US GP 1968 ¥6,500
  S3147 Morgan 3 Wheeler 2012 ¥6,500
  S3401 Porsche 934 No. 58 Le Mans 1977 - with driver figurine ¥6,800
  S3452 Porsche 935 No. 47 Le Mans 1976 ¥6,500
○ S3488 Porsche 908 No. 60 - 3rd Le Mans 1972 ¥6,500
○ S3489 Porsche 956 No. 21 Le Mans 1984 ¥6,500
  S3506 Brabham BT24 No. 2 Winner German GP 1967 ¥6,500
○ S3552 Matra Simca MS 670 B No. 14 Le Mans 1974 ¥6,500
  S3561 Pagani Huayra 2012 Blue ¥6,500
○ S3851 Renault RE20B No. 15 Argentina GP 1981 ¥6,500
“エマニエル君が来ます。”
dani.jpg

9月25日から約2週間僕がル・マンでお世話になっているマンブイ家のエマニエル君と彼女が日本に来ます。長年僕はマンブイ家にお世話になってきましたので、今度は僕が彼らの面倒を見る番です。ご両親もさぞかし心配だろうと思い僕は息子に作って貰った彼らのスケジュールと「DO MY BEST」のコメントを出しました。
僕が店に居ない日取り等は後日お知らせいたします。

※ 画像はダニエル・マンブイ氏のマンガです。かなり似ています。(自画自賛)


“さすがにここまでは・・・”
sg077.jpg

sg087.jpg

sg104.jpg

またまたスパークから新製品のお知らせが届きました。
今回は2013年ニュールグルクリング24時間出場車です。(ドイツ)
車種もメルセデス・ベンツSLS AMG,AUDI R8 LMS,BMW Z4 GT3、アストンマーチン VANTAGE GT3、MINI JCW、MINI クーパー、ポルシェ911、997 GT3です。
どうしてもコレクションしたいとお思いの方はお申し出ください。リストをお送りいたします。   各\6.800  
 フジヤはここまでは追いかけません。悪しからず。
“作って面白いプラモデル。”
hune (2)

hune (1)

buta.jpg

何を今更とお思いでしょうが最近僕が仕入れたプラモデルは異質で面白い。
戦車、船、飛行機、車と言ったプラモではありません。
先日 日本未来館で見た「しんかい」、映画・紅の豚の「SAVOIA S.21F」、漁船「第三十一漁福丸」、機関車「D51,C62」、建物「厳島神社、札幌・時計台、浅草寺、エッフェル塔、守礼門、大浦天主堂」です。
現在どの模型店で幅を利かせているのは「ガンダム」です。気が利いた店では「ミニ四駆」があります。いくら売れると言ってもこのアイテムだけでは面白くありません。やはりプラモデルは作って面白くなければいけません。

そこへ行くと上記のプラモは作って面白い。ふらっと入って来たお客さんが「戦艦ヤマト」を買われ、「作っている間、顔がほころんでいるのが判るんですよ・・」ですって。
「次は“紅の豚”にしようかな。」ですって。僕は「やった!」と思った。
“HIROの新製品2点のご案内。”
k390-2.jpg

k387,388

1/12 スケールのelf5と1/43スケールアルファロメオTipo 159 のキットをご案内いたします。    以下はHIROから届いたキャプヨンです。

GPマシンの歴史の中でも異色の存在であるelfプロジェクトマシン、その最終型であるelf5をフルディテールモデル化しました。
elfマシンに特徴的な片持ち式サスペンションをモデル化、フロントサスはアルミ挽き物とスプリング使用で一部可動を再現。
搭載されたホンダの87年型NSR500 NV0D V4エンジンも立体化。
チェーンはエッチングパーツとインジェクション・プラスチック製のピンで1コマづつ組んでいくタイプでリアルに再現。
タイヤとシート、グリップはゴム製で質感ある仕上がり。
カウルは取り外しが可能で、完成後も内部構造を見ることが出来ます。

k390 elf 5 ¥30,450



1/20スケール譲りの精密感、組み易さとディテール表現のバランスを両立させたフルディテールキットを目指しました。
主要パーツはホワイトメタル、他に挽き物・エッチング・ゴムタイヤ・デカール等を同梱、1/20スケールキットに引けを取らないパーツ構成となっています。

k387 1/43 Tipo 159 VerA ¥13,650
k388 1/43 Tipo 159 VerB ¥13,650

“情景王 山田卓司作品集 第二集。”
3情景王

情景2

情景1

僕がジオラマを作っている事は皆さんご存知ですよね。それが上手いか下手かの判断はそれを見た方にお任せいたします。
今“個展”後第一作目の作品として、1/43スケールの「柳橋・老舗佃煮店」を作り始めています。隅田川に流れ込む神田川の最下流にかかる橋とその袂にある佃煮やがモチーフです。川の上に杭を立てその上に木造の建物が建っています。建物の下の川を表現するには川底ににふさわしい色を塗り、通常レジンやワックスを使って川の水量や透明感を出します。今回は模型雑誌に掲載してあった水性グレインペイント(アクアシリーズ)を使用しようと問屋で同商品を仕入れ、試してから本チャンに移ろうと思っていました。その時問屋で見つけたのがこの山田卓司氏の本「情景王」(¥3.800:税別)です。
本のページをめくると僕の目は釘ずけ、完全に思考ストップ。正にプロの仕事に圧倒され、水の表現方法の参考にしようなどと言う気にはなりません。 どうしよう。   続く。
“2013年 ラグナセカ 土産。”
ragu3.jpg

ragu1.jpg

ragu5.jpg

昨年ル・マンへ行って、オートスポーツ観戦に弾みをつけたS氏は今年のグッドウッドに続きラグナセカまで足を延ばしてしまった。「はい、お土産」と言って頂いたのがこのプログラムです。「ヨーロッパのレースと何が一番違うの・・」の僕の問いにS氏は「アメ車の多さと走りやの気持ちかな・・」と。頂いたプログラムは店頭公開していますので、興味のある方はご来店の折にご覧ください。
S氏が行ったツアーは日本人6人で、費用は約50万だとか。