LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“ル・マンの夜を演出します”
夜間照明

部屋を真暗にして、フジヤ オリジナル NEWピットのスイッチを入れますとル・マンの夜が再現されます。
どうですこの画像は・・・、迫力があるでしょう。

これを見てトライしてみようとお思いの方、是非お買い求め下さい。

※ この画像の完成品も販売しています。    \63.000(税込)
スポンサーサイト
“ライトアップも可能です”
トラス説明2

夜間照明の為のトラスですから、当然ライトが灯ります。(8個入り \3.000)
しかも別売のLED電気と電池BOX,を配線しますとかなり明るいライトが灯ります。

部屋を真っ暗にして、LEDを点けますと、ル・マンの夜間ピットになります。
これは迫力が有ります。
“日本は紙と木の文化です“
トラス説明1

先日お話いたしました、J.C ボーディア氏が絶賛したル・マンNEW PITのトラス(夜間照明器具を取り付ける三角状の金属枠)は紙で出来ています。

“紙”イコール“柔”と言うイメージを抱く方は多いと思いますが、それは認識不足です。当店のトラスは紙をレザーで精巧に切り取り、寸分違わず折り曲げ、木工ボンドで接着するだけで出来ます。
強度を持たせる為には「瞬間接着剤」を吹き付けると硬いトラスになります。
しかも素材が紙ですから多少の「ねじり」にも対応出来ると言うメリットが有ります。

最近の模型界で注目されている“ウッディー・ジョー”社の帆船、日本の国宝建築模型「法隆寺・五重の塔」、「金閣寺」、「薬師寺・東塔」、は木をレザーでカットした物です。

日本には外国で真似の出来ない、木と紙の文化が有ります。これを駆使した模型が日本の強みです。


“トラス キット新発売”
トラスvs

pit-1.jpg

最近発売されたスパークのル・マン ピットに同梱されている平たんなエッチングのトラス(右)を使ったチームは確かに存在します、が極わずかな弱小チームだけです。
ですからAUDI,プジョー、アストンマーチンと言ったBIGチームのミニカーをレイアウトするには適切ではありません。
 それらのミニカーをスパークのル・マン ピットにレイアウトするに相応しいのが当店オリジナル トラス(左)です。

「人の褌で荒稼ぎ」と言うのとは違います。「やむにやまれず・・」との感があります。
今回発売したオリジナル トラスはスパークのピットにセットするだけで一流チームのピットになると言う優れ物のキットです。

トラス2枚と説明書、セット地具が付いて \4.500  です。

これで見違える“ル・マン ピット”になります。    続く
“2011年 AUTO modelisme 入荷しました”
表紙

AUDI.jpg

P+A.jpg

恒例のル・マン写真集 AUTO modelisme の2011年が入荷しました。
同誌は各マシーンの詳細を写真で見ることが出来ます。今年は3台のル・マンのペースカー、スタート直前のル・マン車、トランスポーターの画像を加え、各マシーン5カットの画像に各チームのピット風景を加え、誌面を刷新しました。(A4版 70ページ)   \2.000

※ ご注文を頂いていました方はお取りしてありますので、ご来店下さい。
※ バックナンバー1998年~2010年 在庫しています。  各\2.500

“当店HP web shopについて”
ジャガー

本日愛媛県のNさんからweb shopについてご質問を頂きました。

「以前掲載していた商品が、最近掲載していないのはどうして・」とのご質問です。
結論から申しますと、web shopに掲載してある物が往々にして在庫切れの物が多くなったからです。ならばそこだけ削除して継続すればと言われるかと思いますが、日々の雑用に追われ、直ぐに削除が出来ない状態なんです。
しかもその商品は発売からかなり時間が経っています。もっとも、市場に無いから当店を期待して見ていただいている訳ですから・・。それを何度も繰り返しますと、お客さんからの信用が無くなります。

ですから最近では当店HPの“新着商品”から“メーカー完成品”をクリックして頂き、それを見ながら「お問い合わせ」を頂く方がベターです。
入荷した物は成るべく早くUPしようと思っていますが、これ又雑用に追われて遅れる時があります。(言い訳ばっかり)

どうぞ皆さん、僕の“ブログ”と“新着商品”をお付き合い下さい。

追伸:スパークの2010年ル・マン車「ジャガー XKRS RSR No.81」\6.048が入荷しました。はっきり言ってこれはお勧めです。
“2011年 ル・マンのフェラーリがBBRから発売されます。”
MX-2300FG_20110716_120954_001.jpg


2011年のル・マンを走り抜けたフェラーリのモデルがBBRからリリースされます。売価は\11.900です。
昨年BBRは廉価版として「汚しのフェラーリ」をリリースしましたが、まるで人気が有りませんでした。その反省かと思いますが今年はRED LINE並みの価格でリリースします。

当然とは思いますが、小売店の掛け率は高く、しかも販売数量が極小です。
でもこれでル・マンのフェラーリ車が入手出来るのですから、文句は言えません。

※ ご要望の方は7月27日までにお申し込み下さい。
※ 上記の期日までにご注文を頂き頂きました方に限り、
各 \11.340にて販売いたします。

皆様のご注文をお待ちしています。



●BBR(1/43 メーカー完成品)
BBRC60 "フェラーリ 458 イタリア GT2 LM2011 #51
BBRC61 "フェラーリ 458 イタリア GT2 LM2011 #89
BBRC62 "フェラーリ 458 イタリア GT2 LM2011 #58
BBRC63 "フェラーリ 458 イタリア GT2 LM2011 #59
BBRC64 "フェラーリ 458 イタリア GT2 LM2011 #66
BBRC65 "フェラーリ 458 イタリア GT2 LM2011 #71
BBRC66 "フェラーリ F430 GT2 LM2011 #61
BBRC67 "フェラーリ F430 GT2 LM2011 #83
BBRC68 "フェラーリ F430 GT2 LM2011 #57
BBRC69 "フェラーリ F430 GT2 LM2011 #62

“Le Mans Racingから新刊が入荷しました。”
lmr.jpg

先日のル・マンで注文しておきました新刊がドサッと入荷しました。
Vol.61~67と特集⑦、HS8,そして出版10周年号の10種類です。

毎年ル・マンに関する資料と出版物はACO公認プログラム、そして約1ケ月後に出版されるAUTO modelisme (ル・マン写真集)、年末近くに出版されるル・マン年鑑、それにACO公認DVDがあります。

これでその年のル・マンは全て網羅されます。が、「まだ何か有る・・・?」と言うコアなファンの為にはこのLe Mans Racingがあります。 
文字通りル・マン専門誌です。

これでル・マンに関する情報は完璧です。

A4版(オールカラー) 1冊 \2.200
● 10周年記念号のみ 1冊 \2.500
 
“サイン色紙&扇子”
色紙

今年のル・マン パイロットパレードで貰ったV.イクス、N.プロスト、T.クリステンセン、中野シンジそしてピット裏で貰ったプジョーの監督、AUDIの優勝者のサイン等々とパイロットのカードをご来店の方に見ていただきました。
これらを纏めてMC誌にお願いして販売して貰い、その代金を被災地に寄付いたします。これが僕の災害地に対する支援です。

ACOにも「日本支援」をお願いしましたが、いまだに届いていません。
若しかすると、日本のオートスポーツ関係機関に送られてくるかと思います。

詳細は近々MC誌に掲載されますので、皆さん奮ってオークションにご参加下さ
“2011年 スパークのル・マン車 予約受付開始”
P1030821.jpg

P1030841.jpg

興奮冷めやらぬ今年のル・マンを出走したマシンをモデル化するスパークから発売予定が届きました。  
早い、早い。サーキットでウーゴ社長は各チームと契約を取るために東奔西走していたのが納得できます。

発売時期はまちまちです。早い物で9月から(プジョー908 No.7、アストンマーチン AMR No.007 )、総合優勝を遂げたAUDI No.2は来年の1月です。

注文書を作成しました。
● HPの先行予約に掲載しておりますので、注文書をプリントアウトし
弊社までFAXにてご注文下さい。


※ 7月12日までにご予約頂きました方にパドックで撮影した生写真を1台に付き1枚差し上げます。奮ってご注文下さい。

◎ 人気商品は是非ご注文下さい。