LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“ロータス99Tの前期、後期仕様が発売になります”
[“ロータス99Tの前期、後期仕様が発売になります”]の続きを読む
スポンサーサイト
“見ました。2011年モナコGP”
モナコ1_001

モナコ2_001

どうしても行きたくて僕は1990年に僕はオートスポーツのツアーでモナコGPに行きました。セナ、マンセル、ベルガー、プロスト、そして中嶋、亜久里、アレジ(F1初戦)の時代でしたからキラ星が燦然と光っていた時代でした。
以来F1のモナコGPだけは毎年TVで見ようと思っていましたが、最近では忘れる時がありました。が、昨晩は久々にTVに釘付けでした。

レースもさることながら、僕にはとってモナコ観戦は家並みやコース脇の情景を楽しむのも目的です。コースのレイアウトは1990年とあまり変わらず、当時を思い出すに十分です。

ピットで中嶋さんやJ.スチュアート(モナコに遊びできていた)に貰ったサインは今でも大切にしています。目前のセナにサイン帳をカバンから取り出している時に逃げられてしまった苦い(?)思いでも心に残っています。

※ 画像は1990年のモナコGP、1コーナーの観客席とパドックです。
若かった、あれから20年経ったんだな。

“20周年記念行事in LE MANS”
P1030739.jpg

今年のル・マンでの式典の1つに1991年の優勝車MAZDA 787Bの20周年目を記念してのイベントがあり、そしてル・マン市内(サン・ニコラス)で優勝者をたえる記念に「手形、足型」をプリントしたドライバーズ・プリントの20周年記念イベントもあります。
先日F婦人から「そのイベントに興味があるならチケットを購入します・・」のメールが届きました。僕は2つ返事で「是非お願いします・・」と返信しました。

そして昨晩2009,2008年JLOC(ジャパン ランボルギイーニ オーナーズ クラブ)のドラオバーとして出場したYAMAGISHIさんがご来店。ル・マンに今年は出場しないので別件で来てくれたのですが、僕はドライバーにしか判らないル・マンでのすごし方や、ピットでの状況を根掘り葉掘り伺いました。
そしてYAMAGISHIさんから今年僕がル・マンでしようと思っている事に関する良いアドバイスを貰いました。

今回僕が計画している事は僕の「身の丈」をはるかに越した物ですから、成功しましたら話しますが、失敗したら黙っていようと思います(でも失敗しても多分話さずにはいられないと思いますが・・)。すでに僕の計画はル・マンの多数の友人に打ち明け、根回しをしてあります。後は「神任せ」です。

※ 画像はこれから作ろうとしているサン・ニコラスでのモニュメントです。
“遊びの前にお仕事を・・”
P1030727.jpg

P1030729.jpg

本日下記のDVDと写真集が届きました。
DVDはユーロピクチャー(日本製)ですので、ご家庭のデッキでご覧いただけます。1983年からのCカーをご堪能下さい。
新製品は1990、1992、1993のル・マン24時間のDVDです。

写真集はモデルファクトリー・HIROの好評発売F1に加えて、
ロータス78、79 1977-79が入荷しました。  \3300
バックナンバーも揃っています。
(Lotus 97T 1985 \2500、Tyrell  P34 1977 \2500、マクラーレンMP4/4 1988 \3300)

DVD
EM-111 1983年世界スポーツカー選手権総集編     \2,940
EM-112 1984年世界スポーツカー選手権総集編 \2,940
EM-113 1985年世界スポーツカー選手権総集編 \2,940
EM-114 1986年世界スポーツカー選手権総集編 \2,940
EM-115 1987年世界スポーツカー選手権総集編 \2,940
EM-116 1988年世界スポーツカー選手権総集編 \2,940
EM-117 1989年世界スポーツカー選手権総集編 \2,940
EM-118 1983-1989世界スポーツカー選手権総集編 セット \18,900

新発売 1990 ルマン24時間 日産/ジャガー頂上決戦  \3,990
” 1992 ルマン24時間 トヨタ、プジョー最強のV10対決 \3,990
” 1993 ルマン24時間 グループC・グランフィナーレ  \3,990
” ルマンに挑んだ日本車 1990・1992・1993 セット \10,500


皆様のご注文を居待ちしています。
“ル・マンまで3週間・・”
87-1.jpg

87-3.jpg

ル・マン行きまで3週間を切りました。
先日の静岡ホビーショーで会えなかったスパークのウーゴ社長さんに国際貿易の担当者にお願いして「僕は6月11日、12日にル・マンのサーキットにいます・・・」の連絡をして貰いました。
早速ウーゴ氏から「サーキットでお会いすることを楽しみにしています・・・」との連絡を貰いました。僕は今年ル・マン サーキットでやりたいことがあります。
それにはどうしてもウーゴ氏の協力が必要です。さて上手くいったらお慰み。

※ 画像は「1978年ル・マン」ゴール直後を再現した1/87スケールのジオラマです。
ミニカーはスパークの87、フィギュアーはプライザーの87を塗装してディスプレーしました。
多数のフィギュアーを使って優勝車を祝福する場面にしました。
この画像をウーゴ氏に見せようと思っています。もしかするとスパークでジオラマにするかな~。

●店内にて展示していますので、ご来店の時にご覧下さい。自信作です。
“会場は宝の山2”
tora1.jpg

tora2.jpg

tora3.jpg

CMC社とシュコー社そしてAUTO art社の1/18スケールモデルに目を引く物があります。43と比べ大きさと保管場所が気になりますが、迫力は凄い。
実車と同じギミック(フロント、リアの開閉、両ドア、サイドBOXの開閉)はこれがモデル化と思うほどです。CMCの「フィアット642RN2 レーシングカートランスポーター:チームフェラーリ 1957」\69.700(予科)は最近ツタヤでレンタルしてみたDVD「グランプリー」に実車が映っていました。この映画は約40年前に銀座で見ましたが、このトランスポーターがウイングの無い当時のF1を運搬していたとはその時まるで僕は関心が無かったので、見落としていました。年齢が来ないと判らない事って多々あるんですネ。

※ CMCのこのモデルを予約承っています。
代理店によって価格はまちまちです。フジヤは無論一番安いところから仕入れます。ご検討下さい。
“会場は宝の山”
見本2

見本1

昨日静岡ホビーショーへ行ってきました。
荷物を問屋ブースに置き、早速作戦開始。各メーカーのモデルの写真はMC誌のVol.182 (5月25日売り)に掲載されるでしょうから、誌面で上質の画像をお楽しみ頂くとして、僕はもっぱらメーカーさんとモデルに付いての裏話に時間を費やしました。 順次報告いたします。その前に・・・

先日お話しました通り注文したいプラモデル キットはあまり無く、もっぱらジオラマ関連の商品を探しました。よく見ると関連商品があるわ、あるわ。
まずは下記のメーカーさんのHPを覗いてみてください。

「紙創り」社:www.kamizukuri.jp
ご覧のヒマワリは1/48と1/35スケールがあり、花弁は全て紙をレイザーでカットしています。ヒマワリ畑で作った「迷路」を作りたくなります。粘土では出来なかった繊細な表現が出来ます。幹や枝はワイヤーを捻って作りますので、誰でも間違いなく良い物が完成するはずです。

「モーリン」社:www.morin.jp
フジヤはこれからこっちの方(女の子系)に進もうとしている訳ではありません。これはこのメーカーの部材を使って波、水しぶき、波が押し寄せる海岸を作る為です。(時節柄大津波は作りたくありませんが・・・。)
現在No.603 池用 \1600、No.604 海用(砂場) \1900、No.605 海用(岩場)  \1900を発売中です。それに加えて波頭、水色5種類が発売になります。

続く
“緊急連絡”
TSM1のコピー

TSM2.jpg

TSM3.jpg

TSM・フジミ(1/43 メーカー完成品)から下記のモデルが発売になります。
5月12日会場(静岡ホビーショー)で見てから注文をしようと思っていましたが、フジミから「入荷数が極少で11日までに注文してくれ・・・」との連絡が入りました。興味のおありの方は申し訳ありませんが、10日夜までにご注文下さい。

商品はMC誌Vol.181見開きに掲載されていますので、ご覧になった方も多いと思いますが、画像を掲載いたします。

●TSM・フジミ(1/43 メーカー完成品)
800578 ロールス・ロイス・ファントムⅥ                    パークウォード1966 ブラック \7,800
800295 ロールス・ロイス・コーニッシュ              コンバーチブル1971 クリームホワイト \7,800
800561 ロールス・ロイス・シルバーシャドウ1975                    カーディナル レッド \7,800
“5月12日(木)に静岡ホビーショーへ行きます”
p2.jpg

連休が終わると静岡ホビーショーです。
ビックリしたのは今年「フジミ」が出展しません。長年この業界にいますが「フジミ」が出ないのは初めてです。昨年は1/20スケールのF1や1/350スケールの航空母艦をリリースしていましたので、今年はどんな物をリリースしてくれるのか楽しみでしたのでなお更寂しさがあります。
会場で発注する注文書に目をやりますと、キットでは僕の欲しい物がありません。代わりに目を引いたのが「ジオコレ」を初めとしたジオラマの素材とキットそしてジオラマ周辺の部材です。何年か前からジオラマを手がけてきた僕にとって「時代が僕についてきた・・・」と言う自負があります。(オーバーですね相変わらず・・)。

と言う訳で僕は12日に店にいません。僕のヨタ話にお付き合い頂いている方はこの日をはずして下さい。13日以降に会場で取材した事や資料をご披露いたします。

※ 画像は無謀にも現在挑戦中の1/12スケールF1用タミヤ・フィギュアーです。完成は20日を目標にしています。「ご来店の折に期待しないで見てください
“アンパンマンの支援は強烈だ”
クァンパン_001

銀座

5月3日憲法記念日(火):休みを利用してカミさんと四谷(JRの駅)にあるアンパンマン・ショップに行きました。朝ラジオで「アンパンマン・ショップでやなせたかしさんが東日本大震災を支援する為に絵を描き、それをポストカードにした物を販売し、そのお金を被災地に送る・・」と言うニュースを聞いたからです。僕はアンパンマンの大ファンである新潟の孫にポストカードを送りたいのと多少の援助をしたかったからです。店内は親子連れで満員でした。
僕が店内で孫の宛名を書いている間にも、電話で支援はがきの問い合わせがあり、アンパンマンの凄さと優しさを感じました。

帰りに地下鉄を乗り継ぎ、南青山にある「岡本太郎記念館」に立ち寄りましたが、満員で次回に回し、その足で銀座・ライオン(僕のブログによく出てくるビアホール:銀座では安い、雰囲気の良い店)で遅めの昼食を取り、日本のド真中・銀座4丁目の「ホコテン」を楽しみました。上空に舞っていたヘリコプターは有楽町で開催されていた「憲法改正 集会」を取材していました。

※ やなせたかし も僕の好きな漫画家です。
“園山俊二と言う漫画家を覚えていますか・・”
ペエスケ

手塚治虫、水木しげる、はそっちにおいて置いて、僕の好きな漫画家5人の中に「園山俊二」がいましたが、早死にしてしまいました。

彼の作品の中に「ペエスケ」があります。主人公ペエスケと愛犬の「ガタピシ」そして家族と彼らを取り巻く人達が主人公の漫画です。家族を愛し、世界中の人を愛し、自然を愛す人達がテーマです。その中で、ペエスケ家族が間借りしている老夫婦の「大家さん」が僕は好きです。 些細な事で夫婦喧嘩をしますが大家さんにとっては自然が壊されていく事が大問題です。今園山俊二が生きていたら今回の「原子力発電 事故」をどの様に描いただろう。垂れ流された「汚水」に対して世界中の人に対してどんなコメントをしただろうか、それとも絶筆しただろうか。僕はとても気になって「ペエスケ」を再読している。

※ 「花の係長」、「はじめ人間ゴン」、「ギャートルズ」があります。ギャートルズはスケールの大きい漫画です。

“2011年 ル・マンの見所 3”
ロータス

1997年のElise GT1(No.50 )を最後にル・マンから遠ざかっていたLOTUSが久しぶりに復活します。
LOTUSは1950年代のⅨ、ⅩⅠ、ⅩV ,ⅩVⅡ、1960年代のElite, Elan、23
1993年のEsprit, 1994年のEsprit S300 , そして1997年のElise GT1が出場しました。
いずれもスパークから出来の良いモデルがリリースされていますので、2011年モデルがリリースされるのも楽しみです。

※ 過去に発売されたスパークのLOTUSを展示販売しています。