LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“北海道・札幌のTさんから感想を頂きました。”
59-1.jpg

59-2.jpg

59-3.jpg

  これまで内外を問わず所謂「ル・マン本」は数多く出版されているが、どれも車種なり年代なりの部分的・限定的なものであり「全て」が知りたい「ル・マン好き」としてはフラストレーションが溜まっていたはずである。
しかし、ついに、とうとう、である。
今回出版されたこの写真集、これはまさしく[完全]であり、[究極]であり、[圧倒的]である。

重量13kg以上に及ぶ装丁、気の遠くなりそうな編集作業の末の膨大な内容、ル・マン好きなら落涙ものの「ACO」の刻印。うるうる。
子供の頃、真新しい百科事典を開いた時の、あの目眩のする様な高揚感をきっとあなたも味わえるはずである。

\75.000(\78.750税込)と高価である。5000円/kg以上もする。(笑)
しかし、はたして買うべきか? という悩みや心配は無用。
「ル・マン好き」なら借金してでも手に入れて損は無い。
一生モノ である。

スポンサーサイト
“「ル・マン」のバイブルについに発刊・・”
60-1.jpg

60-2.jpg

3部作ル・マン全出場車写真集(1923-2010)をお買い求め頂きました神奈川県のSさんから感想文を頂きました。

待ちに待った「ル・マン」のバイブルがついに発刊されました。(^o^)丿これまでもル・マンに関する本や資料は数多く発売されていますが、これだけの資料を集めたものはこれまで無かったと思います。

なんと言ってもこの本の凄さには圧倒されます。本の重さだけで13kg以上もあります(あれ?これはあまり関係ないか・・・第一回の1923年から昨年2010年までの出場車とそのレース結果や当時のレース状況がうかがえる記事などこれまでに見たことの無い貴重な写真が数多く掲載されています。とてもここでは紹介しきれません。

この本は、様々なニーズに応えてくれるのではないでしょうか?ル・マンミニカーのコレクション、モデル作成、実車の調査などに活用が可能です。
さらに、この本を見ていると当時の時代背景(車の技術の変遷や社会情勢など)までもが伝わってきて、新たな発見もあります。

私は、現在この本を参考に1960年の ポルシェ718RS60(36号車)のモデルを作成しています。
なんとボディーカラーがブルーだったのは新たな発見でした。
(ネットでも調べることができたらごめんなさい)

良いことばかり書いてもいけないので、私が唯一残念に思っていることは、世界限定3,000部のため、価格が高くより多くの人に感動を与える機会が限定されるのではないかということです。

でも、是非、皆さんも一度ご覧になって下さい。きっとその凄さに驚かされ、感動するのは間違いないでしょう!

                         古き良き時代の車を愛するオヤジ

※上の画像は今回のページ、下の画像は過去の2冊組みのページです。


“3部作ル・マン写真集の感想を頂きました”
3.jpg

4.jpg

先日お買い上げ頂きました長野県のKさんから3部作ル・マン写真集の感想を頂きましたので、ご披露いたします。

[前略]
マスターが初めて開梱した時と同じようにわたしもうれしさと興奮を抑えながら、重い、重い本体(13Kg)を取り出しました。
はるばるフランスからようやく我が手元にやってきたんだなどと思いながら、慎重に箱から一冊ずつ本を取り出し、並べて置いてみました。

これからページをめくる者に対して 「どうだかかって来られるか?」と
いわんばかりの圧倒的ボリュームです。

わたしは最初に第1巻1923-1959を手に取り、1924年のページを見ました。
ここは以前の1923-1992年版のときは出場車のいくつかは写真がないままでしたが今回は見事に全車掲載されていますね。
また写真も一枚一枚が鮮明で収集、編集の苦労が偲ばれます。

次に1986-2010年の第3巻、1993年からページをめくってみました。
予選落ち、ないしは決勝に出走できなかった、果ては予備予選のみしか出走してない車両まで掲載されており、まさに完璧だと思いました。
[中略]
わたしのパソコンのハードディスクにはネットで収集したル・マンのマシンの写真が保存されてますが、やはりこういうまとまった本という媒体で世に出ることは大変価値あるものだと思います。

この本を無事に入手できてよかった。1923-1992年版から18年、
次はいつ出るかずっと待っていました。
7万5千円(\78.750 税込)は私がいままで買った本の最高金額を更新しました。
しかしこの金額は、この本ができあがるまでの労力、年数、内容に
対して全く妥当な金額であると考えます。

この本はまさしくわたしにとって生涯の友であり宝です。


“2011 新年明けましておめでとうございます”
sya3.jpg

sya1.jpg

sya2.jpg

昨年ギリギリで3部作のル・マン写真集(1923-2010)が届きました。
注文数全てではなく、その一部が分割して送られてきました。
早速ご注文いただいている方に連絡をして、取りに来て頂きました。
皆さん異口同音に「凄い、最高、価格以上、嬉しい」との賛辞をいただき、安堵しました。

価格はたしかに高価ですが、それを遥かに凌ぐ内容に満足していただきました。

今回発行された3部作のル・マン写真集は以前発行されていた2冊組の写真集(1923-1962,1963-1992)とはまるで異なりますので、改めてお買い求めいただく方もいます。

ご来店頂き確認していただくのがベストですが、ご来店いただけない方のために当HPで本書の要約を掲載して行こうと思っています。