LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“ル・マン写真集は 重い、内容が重い!”
[“ル・マン写真集は 重い、内容が重い!”]の続きを読む
スポンサーサイト
“栄光のル・マン撮影風景・・”
lmc1.jpg

lmc2.jpg

lmc3.jpg

洋書「A FRENCH KISS WITH DEATH」21x27.5cm 462ページ(英語 版)
改訂版   \10.200
S.マックイン主演1970年の映画「栄光のル・マン」の全てがこの1冊に収録されています。
ミニカーファン、モデルファンのどちらの方にもお薦めです.

映画を作るに当たり、1970年の時代的背景を紹介し、フェラーリ、ポルシェとの関係を説明し、S.マックインが映画製作に携わる工程を丁寧に追いかけています。約200ページに渡り撮影現場のスタッフ、機材、撮影風景を掲載しその全てが見られるのも魅力です。
本書は読み物ではなく、資料としてご活用下さい。
“話題のフィギュアー2点入荷!”
P1030128.jpg

P1030129.jpg

先日のホビーフォーラム[横浜]でHIROさんに見せていただいたフィギュアーが入荷しました。
1/20スケールのC.チャップマン(レジン)と1/24スレールのS.マックイン(メタル)です。
画像の様なデカールが付いています。
フィギュアー単体で楽しむもよし、モデルの脇に置いて楽しむもよしです。

塗料はシタデル塗料がお薦めです。   価格は各 1体 \2.100です。
“2010年 ル・マン年鑑(英語版)入荷”
lmb1.jpg

lmb2.jpg

pit3.jpg

通常車検場として使用していますジャコバン広場が改修の為今年は使用できません。
そこで車検が隣接しているサン・ジュリアン教会前の広場で開催されました。
車検場の迫力ある大きな画面が見開きで楽しめます。
そして今年の年鑑の大きな特徴はこれ又見開きでピット作業が見られることです。
ル・マンのファンであれば今年のリザルトやマシンの画像は既にご存知のはずです。
年鑑でしか楽しめない画像を満載しています。

● 24x32cm 254頁  \9.800(税込)です。
“レーシング・スーツの塗装”
5.jpg

6.jpg

7.jpg

全体をブリーチド・ボーンでベタ塗りをする。
凹凸の箇所をグリフォン・セピア(ウオッシュ)で塗ります。
乾燥後スカル・ホワイトで仕上げますが、筆はドライブラシです。 
その後ロゴマークデカールを貼り、マークソフター(デカール固定剤)を塗っておく。   完成!  どうです簡単でしょ!  是非お試し下さい。
“塗装工程は以下の通りです”
[“塗装工程は以下の通りです”]の続きを読む
“忙中閑有り、写真集はまだ来ず”
P1030049.jpg

12月になりましたが東京の気温は下がらず、季節は秋に逆行するかの様です。
ル・マン 3部作の写真集が来ないので、その間を利用してWEBで塗装講習会を開催しようと思います。

近々に皆さんにお見せするFD43 (フジヤ ジオラマ43の略)の「ル・マン NEW PIT」の完成品とキットに使用するフィギュアーの塗装を伝授する前にS.マクインのフィギュアー(\1.500)を使っての塗装講習です。
使用する塗料はご存知シタデル塗料の5色です(各\400)。

画像左から
スカル・ホワイト、ブリーチド・ボーン、タラーン・フレッシュ(ファンデーション)、
エルフ・フレッシュ、グリフォン・セピア & シタデル面相筆\800   

続く