LE MANSといったら「フジヤ」のマスターのブログです。 毎日様々な事について掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
“準備OK”
次はパリの宿です。

レトロモビルが開催されるポート・デ・ベルサイユはパリ郊外に有り、東京で言いますと「有明ビックサイト」と同じ様に、都心からメトロで20~30分ほどの位置にあります。

モンパルナスから5、6駅です。だから宿はレトロに近い宿にしたいと思いネットで調べましたがホテルの内容は分かりません。

ここで僕の頭に浮かぶのは「ホテルをCOCOに取ってもらおう」との安易な考えです。

夜にメールで僕の財布の中身と諸々の希望を伝えておくと、翌朝COCOから「ホテル予約OK」のメールが届いていました。

その上サン ラザールからドービル行きの列車の時刻表まで添付されてきました。

感謝等と言う言葉では言い表すことが出来ない気持ちです。今年JCはレトロに出店しません。

4月ドービルで開催されるクラシックレースの時にJCの店(CHRONO43)で顧客に新製品の発表と販売をするからです。

そこで僕達はレトロでの仕事の後にドービルに行くことにしました。予約してもらったホテルはこれらの条件を全てクリアー出来る場所にあります。

更には5日の夜にはル・マンからTGVでモンパルナスにダイレクトで帰ってこられますし、ドゴール空港行きのバスがモンパルナスから出ています。

準備は整いました。明日は荷物の点検です。どの様な初体験が出来るか楽しみです。

レトロモビルとCHRONO43のアドレスを下記に記しておきます。お暇なときにご覧下さい。

http://www.retromobile.fr/
http://www.chrono43.com/en.html
スポンサーサイト
“受け入れ態勢OK”
2月6日からパリで開催される“RETROMOBILE”に息子を伴って行って来ます。

僕にとっては久しぶりのレトロです。と言いますのも、レトロに出店している写真屋さん、絵画屋さん、本屋さんそしてモデルカーショップの方々とは6月のル・マンか7月のル・マン クラシックでお目にかかれますので、敢えてレトロに行く必要が無かったからです。

更にはジャンクロードさんの作品は毎年奥さんのコリンさんがインターネットで画像と一緒に送ってくれますので、なお更縁遠くなっていました。

レトロに行く前に僕達はル・マンへ行きます。ですから出発は3日です。

今回のル・マン行きの第一の目的は息子を皆さんに紹介する為です。

今回の宿はル・マン市内です。何時も泊めてもらっているマンブイ家では無く市内に宿を取ることにしました。

一応ネットで当りをつけておいたのですがお目当てのホテルが満室でした。そこで若しかするとACOのコネで何とかなるかなとの思いでACOのモニカさんに相談すると、彼女はそのホテルの支配人に電話をしてくれましたが、やはり無理でした。

何という図々しさ:反省。モニカさんは同じホテルの別館を紹介してくれて宿の準備はOKです。朝起きるとル・マンの町中に居る。

いつもとは違ったル・マンを体験できそうでこちらも楽しみです。4日にF婦人とDさん夫婦とLE MANSレーシングのソフィーに会う予定です。明日に続く。
“これは広告&受注です。”
8050.jpg

画像をUPしたり、注文をお取りする時間がなくなりましたので、この場所をお借りして広告、受注を承ります。

何しろ今を時めくHpi社の新製品 「ポルシェ911GT1 LM1998」がリリースされると言うニュースが届いたからです。

先にリリースされたアルファロメオ155と言い、ジャガーJJR9と言い、発売して即完売です。

そうなりますとゆっくり皆さんにお知らせして、註文を取ってなどと悠長なことが出来なくなります。

そこで今回はこの場をお借りして、皆さんからご註文を頂くという作戦にしました。これってブログ?否、違うな~と思いながら書いています。

画像はル・マン1998年の優勝車 No.26   ¥8.200 です。

2台セット ル・マン1998年 1-2フィニッシュ No.25 ,No.26  ¥16.000
1月21日(水)までにご註文を頂きますと、商品を確保いたします。
[“これは広告&受注です。”]の続きを読む
“パワーを貰った箱根駅伝”
大手町


遅ればせながら新年おめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

仕事柄元旦からの営業で新年を迎えた気分が希薄です。

2月の旧正月がフジヤの年始と思っています。

今年“パワーを貰った箱根駅伝”
も2日の朝“大学箱根駅伝”のスタートを見に大手町に行ってきました。

各校の応援団、チアリーダー、サポーター、そして主役の選手の純粋でひたむきな姿に感動しパワーを貰いました。

ゴールまで途切れることの無い沿道の人々もこの魅力に惹かれて観戦したと思います。

そして昨日僕は始めての休みを利用して、駅伝ゴールに向けて日比谷から馬場先門、京橋、日本橋、常盤橋、ゴールの大手町まで歩いてみました。

無論沿道を埋め尽くした人の姿は無く、普段の町とオフィス街でしたが、僕の心には熱いものが走ってきました。

この気持ちを持ち続けて今年も過ごせたらと思っています。